被災者のために黙々と頑張るボランティア (川端俊次さん)

s200109_11.jpg

彼女たちはどこからどんな思いで駆けつけたのであろうか。
被災地のあまりのひどい惨状をみずからの目で肌で感じ自然に被災者と同じ目線で避難所に溶け込み目立たず、
あかぎれで真っ赤な手にもかかわらず黙々と活躍する彼女たちにエールを送り続けます。