ゲスト

2022年05月26日 (木)

奈良文化財研究所 主任研究員 小田 裕樹さん

rw_guest_oda_20220530.jpg 

土器研究が専門の小田さんは、平城京跡から発掘された「皿」の一部が、「かりうち」と呼ばれるゲームの盤として使われていたことをつきとめました。「皿」には規則的に並んだ穴と線が刻んであり、双六のように駒を進める遊びだったそうです。奈良時代の文献には禁止令が出されたことが記されていて、全国の下級役人らが熱狂していたことがうかがえます。小田さんは、この遊びを現代に復活させるとともに、奈良時代の人々の楽しみや暮らしを読み解きたいと意気込んでいます。530日(月)の「関西 時の人」です。

 

 



2855_thumbnail_2.jpg

関西ラジオワイド ホームページ

 
head_banner2.jpg

インターネットでも放送と同時に番組を聞けます。

 

とっておき川柳・夕刊ポエム 聴き逃しクリックすると音声が再生します

もっと見る

関西ラジオワイド

もっと見る

関西ラジオワイド 読むらじる。

もっと見る

関西発ラジオ深夜便

もっと見る

ラジオ深夜便 読むらじる。

もっと見る

関西 NEWS WEB

もっと見る

AA