ゲスト

2021年06月17日 (木)

兵庫県立大学教授 阪本 真由美さん

rw_guestsakamoto_20210621.jpg

 阪本さんは、2018年に発生した西日本豪雨で被災した岡山県真備町を対象に、住民が何をきっかけにして避難しようと考えたかを調査・研究しています。これまでのデータから、多くの住民は、避難勧告や避難指示が出た後、家族からの電話や身に危険を感じた音、家屋へ浸水などが行動につながるきっかけ(トリガー)になったことがわかりました。大雨や台風に備え、どんなことが教訓となるのかを考えます。621日(月)の「旬の人・時の人」にご出演です。

 

 

2855_thumbnail_2.jpg

関西ラジオワイド ホームページ

 
head_banner2.jpg

インターネットでも放送と同時に番組を聞けます。

 

とっておき川柳・夕刊ポエム 聴き逃しクリックすると音声が再生します

もっと見る

関西ラジオワイド

もっと見る

関西ラジオワイド 読むらじる。

もっと見る

関西発ラジオ深夜便

もっと見る

ラジオ深夜便 読むらじる。

もっと見る

関西 NEWS WEB

もっと見る