スカーレット

2018年12月03日 (月)

"朝ドラ"101作目発表! ヒロインは戸田恵梨香さん

sukaarettohirointodaerikasan_logo.jpg

2019年度後期“朝ドラ”は『スカーレット』


 来年、2019年9月30日から始まる連続テレビ小説は『スカーレット』です。時は高度経済成長期、主人公・川原喜美子は焼き物の里・信楽(しがらき)の女性陶芸家。モノを作り出す情熱と喜びを糧に、失敗や挫折にめげず生きるヒロインが、朝に元気とエールをお届けします。『スカーレット』とは、緋色(ひいろ)の意味で、炎の色につながります。

 

ヒロイン・川原喜美子役に戸田恵梨香さん


 川原喜美子役を演じるのは戸田恵梨香さんです。「デスノート」で映画デビューを飾り、『LIAR GAME』『SPEC』シリーズを大ヒットに導くなどテレビ・銀幕の舞台をまたにかけ活躍中。連続テレビ小説への出演は『オードリー』以来2回目です。

 川原喜美子は、昭和12年に大阪に生まれ、9歳で滋賀県・信楽に移り住んだ、幼いころから働き者の女の子。地元の信楽焼にふれて育ち、やがて男性ばかりの陶芸の世界で、女流陶芸家の草分けとして歩み始めます。

 戸田さんが喜美子を演じるのは15歳からの予定です。

 

「ヒロインを演じることは大きな進化」


 戸田さんは「私は、いつも前進していたい、進化を続けたいと思い続けてきましたが、ヒロインとして1年を通して1人の女性を演じることは止まることではなく、ものすごく大きな進化があることなんだなって気づき、何てぜいたくな時間だろうと思いました」とヒロインを演じることへの前向きな思いを話し、また「これまで演じてきた役の中でも“火”がキーワードになることが多かったんですが、情熱や愛情は役者としての戸田恵梨香のイメージとも合致していると思いました」と役柄への思い入れを語りました。

 

製作にあたって 製作統括 内田ゆきの話


 制作統括の内田は「信楽焼の表情の中でも非常に暖かみのある“赤”は、タイトルのゆえんでもあり、物語の大きな特徴になっていて、ヒロインの情熱的で愛情あふれる人格にもつながります。戸田さんは、モノをつくるということに真摯(しんし)な姿勢を持っていらっしゃいますし、明るくて笑うと笑顔が大きくて、そこにヒロイン川原喜美子の片りんがあると確信しました」と戸田さんへの絶大な信頼を寄せています。

 

脚本は水橋文美江さん、音楽は冬野ユミさん


 『スカーレット』は脚本家・水橋文美江さんによるオリジナル作品。水橋さんの代表作に『夏子の酒』『ホタルノヒカリ』『つるかめ助産院』などがあります。また、音楽は冬野ユミさんが担当します。冬野さんのNHKでの主な作品は『お買い物』『徒歩7分』『アシガール』などです。

 

放送予定は来年秋です


 2019年度後期連続テレビ小説『スカーレット』は、放送予定2019年9月30日~2020年3月。2019年4月ごろにクランクインの予定です。

 

スカーレット NHK PR

もっと見る

スカーレット NHK ドラマ

もっと見る

まんぷく NHKオンデマンド

もっと見る

まんぷく NHK PR

もっと見る

まんぷくドラマブログ

もっと見る

まんぷくリリース

もっと見る

まんぷく特集記事

もっと見る

まんぷく「福ちゃん通信」

もっと見る

関西 花鳥風月

もっと見る

番組からのご案内

もっと見る