番組からのご案内

2019年02月15日 (金)

落慶~奈良 興福寺~ BS8K

8619ec3d2969d194caf4a73e3b4cc232_ll.jpg2018年10月、奈良の名刹・興福寺に300年ぶりに中金堂が復活した。それを祝う、色鮮やかで音響豊かな法要を、スーパーハイビジョンで余すところなくお送りする!

ce934e4437671102b3845422407706a1_ll.jpg2018年10月、奈良を代表する名刹・興福寺の境内の中央に、300年ぶりに中金堂が復活した。それを祝う法要は5日間かけて行われた。鮮やかな衣をまとう僧侶と楽人はのべ200人。声明(しょうみょう)と雅楽の大音響のなか、金色に輝く鴟尾(しび)が現れ、天から色とりどりの散華(さんげ)が舞い散る。中金堂の正面に築かれた舞台では、奈良時代に遣唐使がもたらした舞楽が舞われる…。ナレーションは堺正章。

4a284c43e94de6e8e7417b85fa493ce6_ll.jpg47144e6499b83b94bf1a98445bf94699_ll.jpg【語り】堺正章,小林千恵

落慶~奈良 興福寺~ BK8K


「BS8K」受信公開(NHK奈良放送局)
NHK奈良放送局では「BS8K」の放送をご覧いただけます。85インチ大画面の超高精細映像とともに全方向からの音を再現する22.2マルチチャンネル音響により、まさにその場にいるかのような臨場感や迫力を体感することができます。入場無料、事前申し込みも不要です。世界最高品質の映像と音響を体験してください。

NHK奈良放送局
NHK奈良放送局のホームページです。ならナビ動画公開中!奈良ならではのニュース・おすすめ番組・イベント情報などをお伝えします。 

NHK BS4K・BS8K
NHKのBS4K・BS8Kに関する総合情報サイト。放送予定や番組表、イベント情報・受信方法をはじめ、4K8Kの特長・著名人のインタビューなどお届けします。 

 


関連コンテンツ

3604843.jpg火災のたびに再建されてきました
江戸時代の火災で失われた興福寺の中金堂がおよそ300年ぶりに再建されました。

2000008508_20181010185156_m.jpg興福寺で天台座主が落慶法要 
300年ぶりに再建された奈良・興福寺の中金堂で10日、比叡山延暦寺の僧侶らが落慶法要を営みました。

2000008455_20181007191824_m.jpg興福寺中金堂 300年ぶり再建
奈良・興福寺の中心的なお堂、中金堂が300年ぶりに再建され、完成を祝う落慶法要が7日、営まれました。

D0004500419_00000_S_001.jpg阿修羅像 憂いを帯びた戦いの神
世界遺産・興福寺に安置されている国宝・阿修羅像。若々しい肉体に、3つの顔と6本の腕を持つ像で、奈良時代に作られました。3つの顔はそれぞれ微妙に異なる表情をしており、戦いの神である阿修羅が、仏教に帰依して、悟りを開いていく様子を表していると言われています。

D0004500420_00000_S_001.jpg天燈鬼・龍燈鬼立像 愛嬌あふれる二体の鬼
国宝、天燈鬼・龍燈鬼立像は、奈良市の世界遺産・興福寺の国宝館に安置されています。鎌倉時代、興福寺西金堂の仏前を照らすものとして作られた像で、鎌倉時代を代表する仏師である運慶の三男、康弁の作と言われています。愛嬌あふれる表情からは、康弁の遊び心と高い表現力が伺えます。

D0004500425_00000_S_001.jpg春日大社 興福寺貫首社参式 神様の前でお経を読む神仏習合の儀式
奈良県奈良市にある世界遺産・春日大社では、毎年1月2日、興福寺の僧侶が春日大社に参詣する日供始式並興福寺貫首社参式(にっくはじめしきならびにこうふくじかんすしゃさんしき)が執り行われます。古来、藤原氏の氏神、氏寺として、一体となって平城京を守った春日大社と興福寺。神仏習合時代の神前読経が偲ばれる珍しい行事です。

N201808722900000_x.jpgNHKオンデマンド | 歴史秘話ヒストリア 「神と仏のゴチャマゼ千年 謎解き!ニッポンの信仰心」
初詣などで神社や寺に行く人は多いのに「宗教を信仰していない」と答える人が約半数…。ニッポンの信仰心の謎を千年の時をさかのぼり解き明かす。古くからの神と、あとから伝来した仏。本来異なる存在をゴチャマゼに信仰する「神仏習合」。それは奈良時代、神の告白「神はつらいよ」から始まった!?しかし150年前、神仏習合は禁止され、その証しは破壊された…。春日大社など有名社寺の協力で、封印された歴史をついに公開!

N201103445200000_x.jpgNHKオンデマンド | 国宝への旅 天平のアイドル・阿修羅 ~奈良・興福寺~
奈良・興福寺の阿修羅像は、その愁いを含んだ美しい表情と6本の手のしなやかな姿で人気のある仏像です。阿修羅像を含めて八部衆像は、脱活乾漆(だっかつかんしつ)という技法で作られました。脱活乾漆の技法の紹介や興福寺薪能(たきぎのう)を織りまぜながら、劇団「夢の遊眠社」主宰の野田秀樹さんが興福寺を訪れ、天平彫刻の美とその表情の根源を探ります。

関西 花鳥風月

もっと見る

関西発 芸術・文化

もっと見る

かんさい季節の行事

もっと見る

ヒストリア NHKオンデマンド

もっと見る

奈良 NEWS WEB

もっと見る