番組からのご案内

2018年05月01日 (火)

連続テレビ小説「まんぷく」がクランクイン!

HA8C0299_logo.jpg

 

 平成30年度後期 連続テレビ小説「まんぷく」が5月1日にクランクインし、NHK大阪放送局で取材会を行いました。取材会には、ヒロイン・今井福子役の安藤サクラさん、今井家の次女・香田克子役の松下奈緒さん、今井家の長女・今井咲役の内田有紀さん、福子の母・今井鈴役の松坂慶子さんが出席しました。

 

 取材会で安藤さんは、「すごく居心地のよいおうちと、一緒にいるだけで笑っちゃうような楽しい家族なので、これからがとても楽しみです」とあいさつ。また、撮影はヒロインが18歳の設定から始まることから、「18歳というところがとても不安です。正直に言います。私は32歳の子持ちでございます。これがまだ25歳だったら、“頑張ろう”とか“若々しく”とか思ってたかもしれません。でも、これはもう悪あがきをしてもしょうがない。すみません。笑っていただければ幸いです」と会場の笑いを誘いました。

 

 また、幼い子どもを育てながら撮影に臨むことについて安藤さんは「私の理想は、集中とリラックスと睡眠を効率よくできる生物になることです」と意気込みを表現。大阪で娘との二人暮らしが始まったことについては「娘が必死で生きているのを目の当たりにすると、生きるってこういうことなんだと思いました。私も必死に楽しくシンプルに生きようと思います」と決意を語りました。

 

 松下さんは、「長いようで、あっという間の10か月が、いよいよ今日から始まるんだなぁという気持ちです。このおうちのセットも本当にほっこりしますし、ここで、お母さんや、妹やお姉ちゃんといろんな話をするっていうのは、非常に“朝ドラ”らしい雰囲気だなということを実感しました。朝の15分という短い中に、すごく内容の濃いストーリーがたくさん詰まっていると思いますので、心まで『まんぷく』になるような朝をお届けできたらなと思っております」と語りました。

 

 内田さんは、「安藤サクラちゃんが18歳ということなので、私たちも若くなっているはずなんですが……」と笑顔。「本当にすてきな家族が一丸となっています。あたたかい気持ちで、きょうも一日元気にがんばろうと思えるような“朝ドラ”になると思います」と自信をのぞかせました。

 

 松坂さんは、「今お聞きいただいたように、本当にしっかり者の娘たちで、私は安心して演じさせていただいています。大阪のあたたかい元気な空気に助けてもらいながら、ちょうど撮影中の時代も勢いのある大阪が舞台となっていますので、私もいつもの1.5倍の早さで、頑張ろうと思っています」とユーモラスに意気込みを語りました。

 

 

 

まんぷくリリース

もっと見る