ブログ

「おちょやん」の始まり、始まり〜!

おちょ簿

「おちょやん」のプロローグとなる第1、2週。どちらの週も初回月曜日の放送は、出演者一同によるユニークな舞台での口上シーンが印象的でした。長引く梅雨がようやく明けて、真夏の暑さがやってきた8月某日。NHK大阪ホールで行われた撮影の様子を紹介します。

 

 赤いもうせんにズラリと並んでごあいさつ

ヒロイン・竹井 千代を演じる杉咲 花さんを中心に、赤いもうせんに一列に並んで正座した出演者の方々が、まずは最初のごあいさつ。

歌舞伎でおなじみの口上です。拍子木の“チョーン”という音のあとに、この日が初参加だった黒衣役、桂 吉弥さんの「東西東西(とざいと〜ざい〜)」の声が響き、杉咲さんの演じる千代ちゃんの口上「全国のお茶の間の皆々様方〜」が始まりました。ここから続く長ゼリフ。千代ちゃんのあいさつに、いちいちリアクションする“テルヲお父ちゃん”(トータス松本)もいい調子。話しすぎる千代ちゃんに「あかんあかん! 全部言うたらあかんて!」とトータスさんが立ち上がって両手を振り下ろすと後ろに大きく映し出されていた千代ちゃんたちのイラストがサッと消えていきます。そのタイミングをトータスさんとスタッフとの間で、何度も繰り返して確認していました。

 

ochobo01-ph01.jpg

(写真・第1話より)

 

黒衣とテルヲの追いかけっこ!?

立ち上がって黒衣を追いかけるテルヲさん、その腕を引っ張る千代ちゃん(毎田 暖乃ちゃん)、そして一平さん(成田 凌さん)も追いかけて、みんながびょうぶの裏へ消えていく。すると黒衣たちが続々、びょうぶの裏から現れて…のドタバタシーンは、思わずスタッフも笑ってしまうほど、楽しく撮影は進んでいきました。その間も岡安の女将(おかみ)・シズ役の篠原 涼子さんは、ピシッと静かに正座のまま。ですが、カメラが止まると思わず笑顔になっていました。一方で、4月初めのロケ以来、4か月ぶりの再会となるトータスさんと暖乃ちゃんは、久しぶりとは思えない仲のよさ。トータスさんが暖乃ちゃんをおんぶする姿は、本当の親子のようでした。千代と敵対する栗子役の宮澤 エマさんとも撮影の合間は仲よくおしゃべりする暖乃ちゃん。ドラマの中では同じシーンで出演することがない成田さんにも無邪気に話しかけて、大人たちみんなを和ませていました。

 

千代&一平 胸キュンシーンを仲よくチェック

この日は、口上シーンだけでなく大きな満月をバックに千代と一平が見つめ合うシーンの撮影もありました。お互いを意識し合う2人が、無言で相手を見つめるシーン。いい雰囲気のテスト撮影が終わると、思わず2人同時にお互いを指さし、満面の笑みで笑い合っていました。そして、本番の撮影が終わると2人並んでモニター前でチェック。休憩時間も仲よしな千代と一平にほっこりさせられた瞬間でした。

 

ochobo01-ph02.jpg

(写真・第7話より)