ブログ

【第5回】花note~杉咲さんがさまざまな表情を見せてくれました。~

花note

他人にだまされたり、女優になる、と宣言してみたりと、千代にいろんなことが起こった第5週。笑ったり、怒ったり、泣いたりと、杉咲さんがさまざまな表情を見せてくれました。

 

【ちょこっと撮影秘話】「女優? 女給?」で私もパニックに

 

今週から舞台は京都へ。千代はカフェーキネマで女給として働き始めました。そこで突然、黒木社長(ヨシダ朝)から女優にスカウトされて、「女優? 女給?」とあたふた取り乱していましたが、台本を読んでいるときは、私もあんなシーンになるとは思っていませんでした。実際に黒木社長と対面して演じてみたら、千代としてすごくパニックになってしまって。なかなかカットがかからなかったので、ずっとパニック状態になっていました(笑)。

 

note05-ph01.jpg

 

【杉咲解説!】千代はこうやって涙を流してきたのかな

 

女優へのスカウト話が詐欺だったと分かり、千代は人前では平然としていましたが、内心はすごく悔しかったと思います。みんながいなくなった暗いカフェーに一人残るシーンで、千代は涙を流しましたが、実は台本には泣くとは書いていなかったし、自分でもまさか泣くとは思っていませんでした。

 

このときの千代は、一人で京都に来て、心細い中、生きていこうと必死だったと思うんです。お父ちゃんには裏切られたけれど、たまたま誘われた女優という仕事をやることで、ヨシヲとまた再会できるかもしれない。千代が頑張れる原動力が、ヨシヲの存在だったからこそ、“女優へのスカウト”は心細い環境で初めて希望が持てた瞬間だったのに、だまされたことが分かって…。このシーンを撮る前に、演出のディレクターと話し合って、「本番でどうなるか分からないけれど、もしかしたらものすごく悲しくなるかもしれないです」ということは伝えていたんですが…実際に演じてみたらあのようなシーンになりました。

 

でも、千代は他の人の前で泣くことはあまりない人なので、今までもずっとこうやって一人で涙を流してきたんだろうなと。こういう時間を過ごして、夜空に輝く月を見て、気持ちを切り替えて明日に向かって進んできたのだと思います。

 

note05-ph02.jpg