ブログ

【第4回】花note~共演する皆さんとのエピソードなどを教えていただきました。~

花note

テルヲ(トータス松本)が、千代のもとに突然現れて大騒動を起こした今週。共演する皆さんとのエピソードなどを教えていただきました。

 

【共演者のこと】トータスさんは、本当のお父ちゃんみたいです

お父ちゃん、ついに現れました。ドラマではお父ちゃんにつかみかかって怒っていた千代ですが、心の中では絶対うれしかっただろうなと思います。お父ちゃんが借金取りに追われて逃げたという話を聞いて、怒り、やるせなさ、情けなさはもちろん感じているし、8年間岡安で過ごしながら家族というものを間近で見て、自分はそうなれないんだという苦しさも毎日のように感じて。でも目をそらして、自分の人生を歩んでいかないと、と思っていたのに。今さら涼しい顔をして来られても、“ふざけるな!”と思ったんでしょうけれど…やっぱり自分の家族ですから。いつか再会して、普通の家族になれたらいいなと感じたこともあるのではないかと思います。

 

お父ちゃんを演じるトータス松本さんは、現場では本当にお父ちゃんとして接してくださっています。お父ちゃんはふだんから私のことを「千代」と呼んでくれますし、私も「お父ちゃん」と呼んでいます。現場にお父ちゃんがいると楽しいし、うれしいし、安心感があります。

 

note04-ph01.jpg

 

【お気に入りシーン】夜の道頓堀で、みつえとのハグ

千代を道頓堀から逃そうと、岡安のみんなが協力してくれる場面は、温かくて大好きなシーンです。

 

特に夜の道頓堀で、みつえ(東野 絢香)に見送られるシーン、実はこれを撮るまでみつえとのシーンがあまりなかったんです。2人ともちょっと緊張していたこともあって、このシーンを撮る前に2人で1時間くらい楽屋でいろんな話をしました。自分の家族のこと、好きな音楽、食べ物の話…何でもいいから話そうと言って。そのあと、ハグをして「頑張ろう」と言い合ってからこのシーンの撮影に臨みました。

 

千代とみつえ、お互いがどれだけ大切な存在だったのかを感じていただけていたら幸いです。

 

note04-ph02.jpg