ブログ

若葉竜也さん「小暮の存在が、見ている人に新鮮な空気として届けばうれしい」

インタビュー

千代が女優として鶴亀撮影所に入った初日に、千代を迎えにきてくれたのが助監督の小暮 真治。映画の仕事に懸命に取り組む姿が印象的でした。そして、千代の初恋の相手という気になる存在“小暮さん”を演じた若葉 竜也さんにお話をうかがいました。

 

クランクインがプロポーズのシーン
緊張で心臓、バクバク!

 

『おちょやん』がスタートして、少ししてから出てくる“小暮”という役。演出のディレクターさんから「ちょっと今までの空気感と違うやつが出てきた、というのがほしくて若葉さんかなと思いました」と聞かされたんです。一から『おちょやん』を作っている人たちが何かで僕を知って、「変なやつがいるから入れてみようよ」で入れてくれたのかなって(笑)。それはすごくうれしいことで、期待に応えたい気持ちがありました。でも異物感を意識しすぎると作品において、クラッシャーになりかねないので、小暮のフラットな存在感が新鮮な空気としてテレビの前の人たちに届けばうれしいなと思いながら演じていました。大阪のスタジオでクランクインしたんですけど、めちゃくちゃ緊張しましたね。皆さん、ある程度、関係性もできているし、スタジオのシーンとした空気の中で1発目に撮影したのが千代ちゃんに結婚を申し込むシーンだったんです。心臓はバクバクで頭も真っ白になるくらい緊張していました。ってことは、逆によかったのかな?結婚を申し込むという意味では(笑)。

 

interview13-ph02.jpg

 

共演者の方がぶれずに役としていてくれる
だから、僕も小暮でいることができた

 

千代ちゃんを演じている杉咲(花)さんは、めっちゃキュートな人ですよね。役者さんの中には、「主演だから明るくしなきゃ」って、ちょっと無理しているのが見えてしまう方もいて、「そんなに頑張らなくても大丈夫だよ」って、思うことがあるのですが、杉咲さんはまったくない。あんなに自然に現場にいて、その場の空気を明るくできる人っているんだなって思いました。テルヲ役のトータス(松本)さんとは、以前から面識があって、かわいがってもらっています。トータスさんのテルヲ役、めちゃくちゃぴったりですよね(笑)。それから、一平役の(成田)凌とは、映画の共演が何度もあるので安心します。やっぱり知っている顔がいるとホッとするというか。僕が演じる小暮は、変則的な出演で、毎回初日のような気分なんです。その中で杉咲さんはもちろん、凌もトータスさんも、ぶれずにその役として現場にいてくれる。それがすごく心強くて、だから僕も小暮という役で立っていられるなと思いました。

 

interview13-ph01.jpg