ブログ

テルヲのいいわけ#06-1〜テルヲよ! どういうつもりでこんなこと、言っちゃうの?〜

テルヲのいいわけ

「やってることは悪いけど、テルヲは悪い人ではない」と『あさイチ』(1月29日放送)で苦しいいいわけ(!?)をしていたトータス松本さん。

そこで今週は、5日間にわけて思う存分いいわけしていただきました!

 

●1日目

 

#71-7

テルヲ「あかんど千代。役者同士が一緒になったかて幸せになんかなれるはずあれへんがな。苦労すんのは目に見えてるがな。そんなもん。わし、絶対ゆるせへんど」

 

一平(成田 凌)のことをこっち側の人間やと思ってる。たぶん、役者風情っていうのは、博打(ばくち)打ちとそんな変われへんと思ってるんやろうね。もう、このあたりは僕もテルヲになってるんよね。テルヲが憑依(ひょうい)してる。最初のころは首をひねりながら、台本を読み進めてたのに何の違和感もなくなってたね。千代には、いいお母ちゃんになってほしいっていう思いがあるのに、役者と結婚して違う方向へ行ってるのが嫌なだけなんですよね。だけど、よく考えたら千代が役者の道をすすんだのは、岡安の一件があって逃げた先で女優になったわけやし、そもそも岡安に奉公へ行かなければ、芝居にも出会えてなかったわけで。不思議なことに、テルヲが千代の人生を導いてるともいえるんですよね。順序的にはおかしいかもしれないけど、千代を幸せにするのも不幸にするのも自分が道をつくってるから。勝手やけど、心配は絶えないと(笑)。ほんまに「どの口が言うてんねん」ですけどね(笑)。もしかしたら、「てっぺんとったろやないけ!」って言ってたときに、学んだのかもしれない。「役者はそんなに甘くない」って。そうや!そこで、"役者なし!"ってなったんやな(笑)!

 

iiwake06-ph01.jpg

 

 

#71-12

テルヲ「もうすぐ死ぬさけ、しゃあない今までのことは許したるて...そねなことではあかんねん」

 

どんな許し方をテルヲは理想にしてるんやろ...?千代が笑って「お父ちゃん!」って言ってくれたらOKくらいな感じなんじゃないのかな...。それを目指して会いに来たんじゃないのかな。頭の中ではそんなに簡単なことじゃないってわかってるとは思うけど、「もしかしたら、一生懸命に謝ったら許してもらえるかも」と思ったんやろうね。テルヲには死ぬ恐怖がひしひしと迫ってて、心細いんじゃないかな。自分が一番好きな人に「わかった」って許してもらえないと不安で不安で...。その言葉さえ聞けたら、何も思い残すことなく死ねる。だから、ずっと引きずっていた後ろめたさをきれいさっぱりしたいってことなんじゃないかな。

 

iiwake06-ph02.jpg