もっと!大阪

2019年06月05日 (水)

6/26(水)放送!新日本風土記「水都 大阪」

moreosaka_hudoki.jpg BSプレミアム  6月26日(水)午後2:27

■新日本風土記「水都 大阪」

16世紀、太閤・秀吉が進めた城下町の開発を皮切りに、江戸時代から急速に水運が発達した大阪。全国各地から物資が集まり『天下の台所』として栄えた。今も大阪市はその面積の約10%を河川が占め、ベネチアと比較される程、世界有数の水の都だ。そこには、水と共に歩み、その恩恵を受けてきた「浪速っ子」の暮らしと歴史がある。
ボードを浮かべ出勤前に水の上で運動するサラリーマン、昔ながらの漁法でうなぎを獲る漁師、そして巨大鯉を釣り上げようと川辺に集まる男たち。さらに、道頓堀の川辺にはお笑い芸人を目指し、練習する若者たちの姿も。そして、水都大阪を象徴する祭りが天神祭。船渡御と呼ばれる船の水上パレードが行われ、唯一の手漕ぎ船・どんどこ船が縦横無尽に水都を漕ぎ回り、水辺を華やかに彩る。
水が育て、水と共に生きる街、水都・大阪。今もなお、水の周りには、人々が集い、笑い、憩う。大阪の人々の営みを水辺から見つめる物語。

(初回放送 2014/9/5)

 

▼詳しい放送内容はこちら https://www.nhk.or.jp/fudoki/140905broadcast1.html

「新日本風土記」番組HP

もっと!大阪

もっと見る

アナ・キャスの部屋

もっと見る

ほっと関西ブログ

もっと見る

近畿 イベント・公開番組情報

近畿のイベント一覧へ

関西 NEWS WEB アクセスランキング

関西 NEWS WEBへ