まんぷく「福ちゃん通信」

2019年01月26日 (土)

福ちゃん通信 vol.17

ヒロイン・福子役の安藤サクラさんの第17週の感想は「ラーメン作って何が悪いのよ!」です。

そんなサクラさんに、撮影時のエピソードや印象的だったシーンなどについて振り返ってもらいました。

お正月にみんなが来てくれてありがたいです。

blog_fukuchan_w17_01.jpg

自宅を差し押さえられ、小さな借家に引っ越した福ちゃんたち。家族4人でつつましくお正月を迎えたはずが、真一さん、敏ちゃん、世良さんがお年賀を持って訪ねてきてくれました。ついには、克子姉ちゃんと忠彦さん、神部さんとタカちゃん、吉乃ちゃん、東京から帰省している重ちゃんと学ちゃん、そして強がっていても本当は福ちゃんのことが心配でたまらない鈴さんまでが豪華なおせち料理とお年玉を持ってやってきて、お家はぎゅうぎゅう詰め。にぎやかで楽しいお正月になりました。

 「みんながこうやって集まってきてくれて、本当にありがたいですよね。みんなそれぞれに似合った着物を着ていて、すごくすてきでした。

blog_fukuchan_w17_02.jpgblog_fukuchan_w17_03.jpgblog_fukuchan_w17_04.jpgblog_fukuchan_w17_05.jpg

(松井)玲奈ちゃんのうなじ!とてもきれいで、美しかったー。敏ちゃんは呉服屋だけあって、羽織もいいものを着ていましたね。

blog_fukuchan_w17_06.jpg重ちゃんと学ちゃんがすっかり大人になっていて、ちょっと目を合わせられないかもって思ったくらいでした。

blog_fukuchan_w17_07.jpgblog_fukuchan_w17_08.jpg

子どもたちと一緒にやった福笑い。萬平さんが作ってくれたっていうのは、いいエピソードですよね。しかも福子の顔なんですよ。

blog_fukuchan_w17_09.jpg

そうそう、この時に初めて関西風の白みそのお雑煮を食べたんですけど、とてもおいしくて。このシーンを撮影した週は、スーパーで何度も白みそを購入しようか悩みました」。

たくあんの作り方は完璧に覚えました!

blog_fukuchan_w17_10.jpg

家で簡単に食べられるラーメンを作ろうと思い立った萬平さん。しかしなかなかその具体的なイメージがつかめません。そこで福ちゃんが、屋台のラーメンをぬか漬けに、萬平さんが作ろうとしているラーメンを一夜漬けの漬物に例え、悩む萬平さんに大きなヒントを与えます。ぬか漬けと一夜漬けの作り方は料理映像にセリフを乗せる形で説明されました。

「大根のぬか漬け(たくあん)を作るシーンは、台本を読んだ時はすごく大変そうって思ったんですけど、思いのほかすぐに覚えられました。

いつもお料理のシーンはお母さんと話をしていたり、ここで誰が来て、など、タイミングや手順を考えながらやっていたりするんですけど、ここは純粋にお料理だけの映像だったので、やりやすかったのかもしれません。

大根のぬか漬け(たくあん)の作り方は言葉としても作業としても、完全に頭に入っていますから、もういつでも作れますよ」。

「ラーメン作って何が悪いのよ!」は批判する人たちに向けたことば。

blog_fukuchan_w17_11.jpg

ラーメン作りをする萬平さんをばかにしたいじめっ子とケンカして帰ってきた源ちゃんと幸ちゃん。泣きじゃくる子どもたちに福ちゃんは「そのうちあなたたちをばかにした友達も、お父さんが作ったラーメンをおいしいおいしいと言って食べてくれます」と優しく力強く慰めます。

「源ちゃん、リハーサルの時から泣いていて。きっと緊張していたんだと思います。『ラーメン作って何が悪いのよ!』っていうセリフは、子どもたちに向けたことばではないんです。

ラーメン作りを始めるとなると、家族の意見もあるだろうし、ご近所さんの目とか、いろいろなものがあると思うんですよね。そういういろんな人の意見に対することばとして言ったつもりです。

物語の中ではあまり描かれてはいないのですが、福ちゃんはきっと批判的な意見や目を少なからず感じてきた中で、そういう気持ちになったんじゃないかなと、私は想像しました」。

失敗作のスパゲッティラーメン、実はおいしかったんです。

blog_fukuchan_w17_12.jpg

「誰もがおいしいと思えて、毎日食べても飽きのこない味」を目指す萬平さんに、福ちゃんは「鶏ガラは?」と提案。早速、鶏ガラスープを作ってみるものの、もの足りず、ごま油を加えてみますが、ピンと来ません。次に麺。おそうめんからヒントを得て、同じ乾麺のスパゲッティを使ってみましたが、全然おいしくありません。子どもたちからも不評で、福ちゃんはごはんを作り直すことになります。

「福子が『今から作りますー』って言うと、萬平さんが『僕のせいですいませーん』って応えるあのやりとりは、第4週の新婚時代の『お国も節約してるんですよー、萬平さん』、『そういうのは節約とは言わんだろー』っていうシーンを思い出しました。家の雰囲気もちょっと似てますしね。

長く演じているとたまに「懐かしいー」って思う時があって、それはすごくうれしい時間です」。

blog_fukuchan_w17_13.jpg

「失敗作のスパゲッティ、実はすごくおいしかったんです。源も幸も福子もあれが大好きでした。鶏ガラスープもおいしかったし、麺のゆで具合もよかったし、食べた時間帯もちょうどよかったんです。あのスパゲッティがあの日の私の晩ご飯になりました。

研究中のスープは、料理指導の広里先生がイチから作ってくださっているので、どれもすごくおいしいんですよ」。

ぬか漬けと一夜漬けを作る福ちゃん。一夜漬けのにんじんを切る包丁さばきが見事で、料理指導の先生も思わず「うまい!」と言うほど。そのことを安藤さんに伝えると「切りやすいにんじんだったのかも」と少してれたご様子でした。

それでは、次回の「福ちゃん通信」は2月2日(土)公開予定です。お楽しみに!

manmuku_koushiki_hp.png

まんぷく「福ちゃん通信」

もっと見る

まんぷく特集記事

もっと見る

まんぷくリリース

もっと見る

まんぷく NHKオンデマンド

もっと見る

まんぷく NHK PR

もっと見る

まんぷくドラマブログ

もっと見る