まんぷく「福ちゃん通信」

2018年12月28日 (金)

福ちゃん通信vol.13

ヒロイン・福子役の安藤サクラさんの第13週の感想は「子供たちのかわいさに感動!」です。

 そんなサクラさんに、撮影時のエピソードや印象的だったシーンなどについて振り返ってもらいました。

 野呂さんって存在だけですごいパンチ力。

blog_fukuchan_13w_1.jpg

大阪にやってきた東先生をホテルまで送った帰り、福ちゃんは牧さんと恵さん夫妻とばったり再会。2人に連れて行ってもらったお店は、なんと福ちゃんのホテル時代の同僚・野呂さんのお店でした!野呂さん自慢のライスカレーを食べながら、4人は萬平さんが初めて憲兵に捕まった時の思い出話などをします。

「久々の野呂さんはやっぱりおもしろかったー!リハーサルの時から爆笑しました。やっぱり野呂さんって存在だけでパンチ力ありますよね。恵さんも牧さんも、物語の初期に仲良く過ごしていたメンバーと一緒にいるとすごく安心します。とっても元気になりました」。

 忠彦さんと克子姉ちゃんが福ちゃんのまねをしてくれました。

blog_fukuchan_13w_2.jpg

東先生の事務所にも踏み込んできた財務局。度重なる財務局からの圧力に、「何か後ろめたいことがあるんやないですか」と福ちゃん。「そもそも萬平君を刑務所に入れたのは進駐軍や」と忠彦さん。それを聞いた東先生は「やっぱりそこがおかしいんだ!」と急に立ち上がり急いでホテルに帰っていきます。そんな東先生の行動に、「きっと頭の中で何かがひらめいたのよ。パっと」と福ちゃん。続けて鈴さんが「パッと?」。「ピカっと」と福ちゃんが頭をたたきながら言うと、克子姉ちゃん、忠彦さんが「ピカっと?」と同じように頭をたたきます。

 「『パっと』『ピカっと』のところは、『何をしても私たちは福ちゃんのまねをするよ』って忠彦さんと克子姉ちゃんが言ってくれていて。リハーサルの時から色々変えてやっても全部まねをしてくれたので、すごく楽しかったです」。

 福ちゃんは三田村さんと確実に関係を築いてきたんだと感じました。

blog_fukuchan_13w_3.jpg

福ちゃんと東先生は会社解散にあたりお世話になった三田村さんの元へ。自らの余命を悟っていた三田村さんは福ちゃんにこんな言葉をかけます。「生きてさえいれば希望はある。どんなことがあっても笑てなさいよ」。三田村さんが息を引き取ったのはその3日後でした。

「ショックでした。あまりドラマの中では描かれてはいませんが、確実に福ちゃんと萬平さんは三田村さんとの関係性を築き上げていたんだなということを感じました。最初に会った頃から三田村さんの福ちゃんに対する態度も変わってきていて、最後にこんなふうによい関係になれていたことがうれしかったです。三田村さんは福ちゃんにとって本当に心強い存在でした」。

萬平さんの手を握る幸に感動しました。

blog_fukuchan_13w_4.jpg

国への訴えを取り下げれば釈放されるにも関わらず、負けを認めたくない萬平さんは訴えを取り下げようとしません。萬平さんが信念の人であることをよくよく知っている福ちゃんは、生後2か月の幸ちゃんを連れて萬平さんを説得に行きます。

「幸ちゃんを連れて萬平さんのところに行った時は、ほんとに幸がいい子で。幸が金網のところで萬平さんの手を握ったりするので、すごく感動しました。そして、久しぶりに女の子の赤ちゃんを抱っこしたら軽くて、ふにゃっと柔らかくて、やっぱり男の子の赤ちゃんとは違うなと思いました」。

源と幸がほんとに寝ちゃってかわいかった!

blog_fukuchan_13w_5.jpg

ようやく釈放された萬平さんが大阪に帰ってきました。その夜、福ちゃんたち家族4人は、幸ちゃんが生まれてから初めて家族そろって眠りにつきました。

「萬平さんと源と幸と初めて4人そろって一緒に寝るシーン、源と幸が2人とも本当に寝ちゃってかわいかったです。2人は前のシーンくらいから寝ていたので、起こさないように、そーっとお布団に寝かせました」。

久しぶりに登場の野呂さん!レストランのオーナーになっていたとは驚きました。野呂さんのレストランには「愛情いっぱい」「頑張ってます」と書かれた紙が貼られていたり、かつて、福ちゃんと恵さんに渡し続けたツナやチェリーの缶詰が花瓶として使われていたり。お店のあちこちに野呂さんらしさがいっぱいでした。

blog_fukuchan_13w_6.jpg

それでは、次回の「福ちゃん通信」は1月5日(土)公開予定です。お楽しみに!

 

manmuku_koushiki_hp.png

まんぷく「福ちゃん通信」

もっと見る

まんぷく特集記事

もっと見る

まんぷくリリース

もっと見る

まんぷく NHKオンデマンド

もっと見る

まんぷく NHK PR

もっと見る

まんぷくドラマブログ

もっと見る