まんぷく「福ちゃん通信」

2018年12月08日 (土)

福ちゃん通信vol.10

ヒロイン・福子役の安藤サクラさんの第10週の感想は「『まんぷく』はミュージシャン率が高い!」です。

そんなサクラさんに、撮影時のエピソードや印象的だったシーンなどについて振り返ってもらいました。

歌を歌ってらっしゃる方がいっぱい!

blog_fukuchan_w10_01.jpg

第9週終わりから第10週にかけて新たに登場した進駐軍の重要人物3名にミュージシャンのお3方が!

萬平さんたちを執ように取り調べたハリー・ビンガム曹長とジョナサン・メイ軍曹役を、ロックバンド「MONKEY MAJIK」の兄弟メンバー、メイナード・プラントさんとブレイズ・プラントさんが、雑居房の看守、チャーリー・タナカ役を岡崎体育さんが演じられました。このキャスティングは発表当時から話題になりました。

「『まんぷく』の出演者はミュージシャン率が高いんです。ミュージシャンじゃなくても歌を歌ってらっしゃる方が多くって。(台本をめくりながら)まず(芦田)愛菜ちゃんから始まって、内田有紀さん、松下(奈緒)さん、桐谷(健太)さん、瀬戸(康史)君もでしょ。ハマケン(浜野謙太)さん、そして松坂(慶子)さん!そこに岡崎体育さんとMONKEY MAJIKのお2人が加わって。それにしても岡崎さんとMONKEY MAJIKさんは意外なキャスティングですよね。(配役を)聞いただけでおもしろそうって思いました!」。

まさか加地谷さんがちんどん屋さんになっているとは…!

blog_fukuchan_w10_02.jpg

萬平さんを始め「たちばな塩業」の社員が進駐軍へのクーデター容疑で捕まったことは新聞沙汰となり、すぐに世の中に知れ渡りました。萬平さんをなんとか助けようとひと肌脱いだのは、旧知の仲のあの2人!それは、大阪歯科医師会の理事に就任していた牧さんと、ちんどん屋として人生をやり直していた加地谷さんでした。

「萬平さん、また捕まってしまいましたね。牧さんと加地谷さんが、萬平さんを助けに来てくれて。加地谷さんがちんどん屋さんになっているとは、驚きました」最初の頃から出ている人がまた出てくれるとうれしいですよね。

私も逮捕された時の顔写真やりたかった!

blog_fukuchan_w10_03.jpg

進駐軍に逮捕された「たちばな塩業」の社員たちは、ひとりずつ写真を撮られ、名前を言わされます。

「え、逮捕された時の顔写真、こんなかっこいいことされてるの?めっちゃかっこいいー、私もやってもらいたかった!『FUKUKO TACHIBANA』はないんですか?」

半分、青い。』チームのみなさんに、すごく暗いドラマだと思われたかも!?

blog_fukuchan_w10_04.jpg

萬平さんたちにかけられた進駐軍へのクーデター容疑は、「手りゅう弾を使って魚を取っていた」という従業員の証言をもとに行われた現場検証でも晴らすことができず、世良さんまで逮捕されてしまいました。つらい日々が続くなかでも、福ちゃんは萬平さんたちを信じ、生まれたばかりの源ちゃんを必死で育てています。

「第10週の福ちゃんは、泉大津にとり残されていて、ずっと泣いていたような気がします。なかでも、『ねんねん』って言いながら、ひとりで源ちゃんを寝かしつけるシーンがあるんですけど、そのシーンを撮った後が、ちょうどヒロインバトンタッチセレモニーだったんですよね。だから『半分、青い。』チームのみなさんがモニターでこのシーンを見ていたら、すごく暗くて悲しい物語だと思われたんだろうなと思って。」

岡崎体育さんの英語が上手!

blog_fukuchan_w10_05.jpg

萬平さんたちが押し込められた雑居房の看守をするのは日系二世のアメリカ人、チャーリー・タナカ。両親は大阪出身ということで、関西弁と英語を自在に話すチャーリーは、時折、日本に対する複雑な思いをにじませます。

「岡崎体育さん、アメリカの英語ですよね。岡崎さんは全然英語がしゃべれないそうなんですけど、さすがです!私、岡崎さんの英語風の歌が好きなので。一緒のシーンがなくて残念だったんですが、オフで写真撮ってもらいました!」

兄弟ならではの素敵なコンビ!

blog_fukuchan_w10_06.jpg

「MONKEY MAJIK」の兄弟メンバー、メイナード・プラントさんとブレイズ・プラントさんが演じる進駐軍のビンガム曹長とメイ軍曹は劇中では上司と部下の関係です。

 「ビンガムさんとメイさんはご兄弟ならではの信頼関係があって、それぞれの役にぴったりで、すてきなコンビだなと思いました」。

blog_fukuchan_w10_07.jpgそしてある日、進駐軍に事情聴取されることになった福ちゃんは、一生懸命練習した英語で、萬平さんの実直な人柄と無実を訴えます。

「ビンガムさんと話しているシーンは、ビンガムさんの目がとてもキレイで。福ちゃんの話を聞いていくうちに、ちょっと涙がにじんだような目に変わっていって。目の中が動いているのが見えたんですよね。それで私も吸い込まれるような気持ちになりました」。

最近のサクラさんは、劇中の音楽をCDで聴いていて、口ずさむこともあって。撮影時には「このシーンならこの音楽がかかるところだな」と頭の中に音楽が流れてくる時もあるそうです。

それでは、次回の「福ちゃん通信」は12月15日(土)公開予定です。
お楽しみに!

manmuku_koushiki_hp.png

まんぷく「福ちゃん通信」

もっと見る

まんぷく特集記事

もっと見る

まんぷくリリース

もっと見る

まんぷく NHKオンデマンド

もっと見る

まんぷく NHK PR

もっと見る

まんぷくドラマブログ

もっと見る