高校野球

2020年08月18日 (火)

史上初の交流試合 その先に

高校野球の100年を超える歴史で、初めて開催された甲子園球場での交流試合は、大きな混乱なく6日間の日程を終えました。日本高校野球連盟の小倉好正事務局長は「センバツと夏の大会が中止となるなか、全国規模の試合ができたことは次につながる」と受け止めを話しました。

 

boudo.jpeg

 【大きな混乱なく】


新型コロナウイルスの感染が再び広がるなか交流試合は、日本高野連が示したガイドラインのもと、感染防止対策を徹底して行われました。スタンドの観戦を控え部員や保護者などに制限し、試合ごとにベンチを消毒しました。招待したチームに対しては、試合中の円陣を禁止し、マウンドに集まるときはグラブで口を覆うことを求めたほか、移動や宿泊にも細かいルールを設けました。開幕前には招待した学校の関係者の感染が判明するなど不安要素もありましたが、期間中に感染が疑われる事例はなく大きな混乱はありませんでした。日本高野連の小倉事務局長は「32校が感染対策を徹底し、無事に甲子園に来られたことに感謝している。センバツ大会と夏の大会が中止となるなか、全国規模の試合ができたことは次につながる」と受け止めを話しました。

mask2.jpeg
【感謝のことば】


さまざまな対策がとられるなか、例年の大会とは全く異なる雰囲気の中での試合となりましたが、選手の多くは開催を前向きにとらえました。トーナメントで優勝を争うのではなく1試合だけの試合。それでも夢の舞台である甲子園で戦う機会が得られたことに感謝のことばが多く聞かれました。

kansha.jpeg

今回が4回目の甲子園となる兵庫県の明石商業のエース、中森俊介投手は「春も夏もなくなって残念な気持ちもあったが、いろいろな方が動いてこの1試合ができているので、感謝の気持ちを持ってプレーした」と話していました。

nakamori1.jpeg<インタビューに応える明石商(兵庫)中森俊介投手>

幼いころから甲子園を夢みて野球に打ち込んできた選手たちにいわば集大成の場を設ける意味を強く感じさせました。

shutaisei.jpeg

 【試合内容への影響】


ただ、試合内容については感染の拡大で十分な練習ができなかった影響があったことは否めません。打撃面では、去年夏の大会で1試合あたり1本のホームランが出ていたのに対し、今回はランニングホームランを含め3本にとどまったのもその1つです。NHK高校野球解説の前田正治さんは「例年なら春から夏にかけて実戦を重ねて技術を高めていくので、それがことしはできなかったので、長打や大事な場面での盗塁など攻撃力が上がらなかったことはしかたがない。日本一を目指してきたチームの選手にとっては気持ちが高まらなかったというのもあるだろう」と分析していました。

maeda.jpeg<高校野球中継で解説をした前田正治さん(左)>

【経験をどうつなげる】


今後は、交流試合の経験をどうつなげていくかが課題となります。高校野球では早いところで今月末に来年春のセンバツ大会につながる秋の地区大会が始まります。さらにラグビーやバスケットボールなど野球以外のスポーツも冬には全国大会が予定されています。今回とった対策の効果や課題などを検証し、競技団体の枠組みを超えて共有していくこともポイントの1つとなりそうです。

 

seki.jpeg<観戦は控え部員や保護者などに制限された>

ただ、高野連は交流試合の開催にあたって選手の移動や宿泊の費用などおよそ9500万円を支出しました。収益の多くを入場料収入でまかなっているため来年度以降も観客を入れずに大会を開催していくことになるといずれは運営が難しくなります。日本高野連の関係者によりますと、秋以降の大会では国の方針に沿って観客を入れることも検討しているということですが、感染状況がどうなるか見通しがつかないところもありこの先も難しい判断を迫られる険しい道のりが続きそうです。

imamura.jpeg

<甲子園取材班 今村亜由美>           

 

 2020_hbb_banner.jpg

高校野球 ブログ一覧

もっと見る

高校野球 ニュース一覧

もっと見る