高校野球

2020年08月16日 (日)

帯広農業 球児の「なつぞら」

21世紀枠でセンバツ出場が決まっていた帯広農業。北の大地で培った力を発揮し、あこがれの舞台で甲子園初勝利。大きな1勝を“収穫”しました。

obinouwin.jpeg

【「なつぞら」の球児たち】

 帯広農業が一躍、全国的な注目を浴びたのは、NHK連続テレビ小説「なつぞら」。主人公なつが通った高校のモデル校とされたことが、きっかけでした。選手たちの生活は、まさにドラマで描かれたような自然に囲まれた生活。高校では、選手それぞれ早朝や夕方に実習があるため、全体での練習が難しいのが実情です。

sensyu.jpeg

【北の大地で育まれた!】

帯広農業の野球は厳しい自然との戦いや学業との両立の中で“創意工夫”を繰り返して培われました。気温がマイナス20度以下になることもある、厳しい冬場。選手たちは、あえて押し固めて氷のようになった雪の上で守備練習。土の上での練習より球のスピードが上がることを逆手にとって鍛えてきました。また、実習があり週末しか全員で練習できないため、個人練習の機会も多くなります。そこで選手たちは、「野球ノート」に日々のトレーニングの進捗や気づきを、びっしりと書き込み目標や課題を明確にすることで、練習の質を高めてきました。「野球ノート」は3年間で10冊を超えた選手もいました。

uniformm.jpeg【憧れの甲子園で“収穫”】 

猛暑の中で行われた交流試合。帯広農業は、地元特産の小麦の収穫をイメージし、ユニフォームの色を、これまでより濃い黄色に変更して甲子園に乗り込みました。強豪相手の試合で際だったのは、北の大地で鍛えてきた固い守備。強い打球も難なくさばき、相手の持ち味の機動力も封じ込めました。

 nishikawa.jpeg

(写真:西川選手の守備)

たびたび、好守備を見せたサードの西川健生選手は「冬場に氷のように固めた雪の上を転がる早い打球に慣れているので、ほとんどの打球は落ち着いて処理できました」と北の大地で鍛えてきた成果を発揮できたと胸を張りました。

taniguchi.jpeg

帯広農業は攻撃でも9安打4得点。学校創立100周年の節目を甲子園初勝利で飾りました。甲子園の「なつぞら」の下で全力を出し切った帯広農業。憧れの舞台で彼らが“収穫”した経験は、何よりも価値あるものになったのではないでしょうか。

 (甲子園取材班 細井拓記者)

 2020_hbb_banner.jpg

高校野球 ブログ一覧

もっと見る

高校野球 ニュース一覧

もっと見る