高校野球

2020年08月12日 (水)

プロ注目のエース、マウンドに記した1文字~中京大中京

延長10回を1人で投げチームを勝利に導いた中京大中京のエース、高橋宏斗投手。プロ注目の右腕は実は試合前、マウンドのプレートにある文字を記していました。ともに戦ってきた仲間への思いを込めた1文字とともに投げた149球でした。

20200812H28530217-8537.jpg
【3冠目指した最強世代】
ことしのチームは高橋投手を中心に下級生の頃から公式戦に出ていた選手が多く残り、新チーム結成時から公式戦を無敗で終える事を目標に掲げてきました。そのことば通り、秋の愛知県大会、東海大会を制し、明治神宮大会も優勝。順調に滑り出し、ことし春のセンバツでも優勝候補と目されていました。ところが、新型コロナウイルスの影響でセンバツは中止。さらに夏の甲子園も中止となり、チームの目標が見えなくなりました。練習もできず、仲間とも会えない日々。高橋投手は「仲間がいて、多くの人の協力があって野球ができることに気がついた。またこのチームで野球ができるのであれば一緒に戦ってきた仲間への感謝をプレーで示したいと思っていた」。今までの日常が当たり前ではなかったと痛感した高橋投手、その後開催が決まった愛知県の独自大会で力投し、チームは8試合を勝ち抜いて優勝を果たしました。

【エースが背負った3年生全員への思い】
新チーム結成時に掲げた「公式戦無敗」を継続して、甲子園に乗り込んだ中京大中京。1試合だけの交流試合で先発した高橋投手はマウンドで最初の投球練習を終えるとしゃがみ込み、右手の人さし指でプレートに“心”と書きました。この試合を最後に野球を辞める仲間もいる中、
“3年生全員で、心を1つに戦う”という思いを込めたのです。高橋投手は1回から152キロを出して無失点で立ち上がり、4回に3点を失いながらも粘りのピッチングで追加点は与えず、9回にはこの日最速の153キロを記録。

takahashiball.jpeg気迫のこもったピッチングで延長10回を投げ抜き、チームも智弁学園にサヨナラ勝ちし、28勝0敗でこのチームでの公式戦を終えました。高橋投手は「あの字を書いてチーム全員で戦うという気持ちを持っていなければ、相手に打たれていたと思う。みんなが力をくれました」とチームとしての目標を達成できたことを喜んでいました。将来が嘱望される右腕は今後について、試合後、進学が基本線ながらプロ志望届を出すことも選択肢にはあると明かしました。特別な夏を経験しかけがえのない仲間を得た高橋投手、次の舞台での活躍が楽しみです。

(甲子園取材班 福島康児記者)

 

 2020_hbb_banner.jpg

高校野球 ブログ一覧

もっと見る

高校野球 ニュース一覧

もっと見る