高校野球

2019年08月19日 (月)

成功体験を前祝いしてみたら

 

例えば成功する自分をイメージしてみる。

それがのちに現実化して、驚いたことってないだろうか。

 imai1.jpeg

星稜高校の背番号「18」、2年生の今井秀輔選手の話しをしてみたい。

 

今井選手には就寝前に欠かさないルーティーンがある。

試合で活躍する自分をイメージしてみるのだ。

成功体験を前祝いすることで、そのとおりの結果を得ようとする「予祝」の効果を狙ってのことだ。

 

宮城の仙台育英高校との準々決勝の前夜。

今井選手のイメージは簡単明瞭だった。

 

打席に立ってホームランを打つ。

 

先輩たちと話しながら、お立ち台に立つ自分の姿までイメージした。

 

18日。仙台育英との準々決勝。

試合の直前、石川大会も含めて、この夏、初めての先発出場を言い渡された。

不思議と緊張はない。

むしろ気持ちは上がった。

 

1回の第1打席はレフトフライ。

 2回の第2打席はワンアウト満塁のチャンス到来!

 imai2.jpeg

しっかりフルスイングすることだけを意識していた。

 3球目だった。

 imai3.jpeg

imai4.jpegimai5.jpeg

グランドスラム。

 imai6.jpeg

imai7.jpegimai8.jpeg

一気に4打点。気持ちの高ぶりが抑えられない。

 imai9.jpeg

3回の第3打席も満塁のチャンスでタイムリーツーベースヒット。2打点。

 5回の第4打席はレフトフライで凡退。

 imai10.jpeg

7回の第5打席はタイムリースリーベースヒット。1打点。

 

サイクルヒットこそ逃したけど、3安打7打点の活躍は間違いなくこの試合のヒーローだった。

 

imai11.jpeg

初めてのヒーローインタビュー。

ここだけはイメージしていたようにはうまく答えられなかった。

 

19日の練習。

 imai12.jpg

サイクルヒットに届かなかったことで、仲間たちから「あと1本足りないぞ」とにぎやかしの声が届く。

ちょっと悔しい。

 

準決勝前夜のイメージはもう決まっている。

 

センターバックスクリーンへホームラン。

 imai13.jpg 

今井秀輔選手

これ1本をイメージして、ぐっすり寝ます。

 

照れくさそうに、そう話してくれた。

【甲子園取材班:油布彩那記者】

 

koshien101_logo_YOKO_rgb.jpg
NHK甲子園 特設HP

 

高校野球

もっと見る

夏の甲子園 ニュース一覧

もっと見る

高校野球のニュース一覧

もっと見る

関西のスポーツ

もっと見る