高校野球

2019年08月20日 (火)

終盤の逆転を信じて

夏の全国高校野球、準決勝の第2試合は大会屈指の好投手・奥川恭伸投手に中京学院大中京が挑みました。
ここまで終盤の逆転劇の連続で昭和38年の創部以来、初となる準決勝まで勝ち上がってきたチームは力を尽くして戦いました。

何かが起きる7回


「来たぞ!」6点を追う7回、中京学院大中京の攻撃前の円陣からは力強い声が次々と挙がっていました。

chuukyo01.jpeg

ここまでの3試合、中京学院大中京は2回戦で7回に4点、3回戦で7回に7点、準々決勝で8回に4点を奪い、いずれも終逆転に成功してきました。この試合でも劣勢の展開でしたが選手は自分たちの力を信じていました。

seiryo01.jpeg

立ちはだかったのは大会ナンバーワンピッチャーの呼び声も高い星稜のエース、奥川投手。ここまで150キロを超える速球や鋭く曲がるスライダーに6回までヒット1本に押さえ込まれ、上位打線から始まった7回の攻撃も簡単にツーアウトとされました。

chuukyo02.jpeg
それでもキャプテンで4番の藤田健斗選手は「つないだら何か起きる」と信じて打席に向かいました。奥川投手との3回目の勝負、
カウントを取りにきた速球を逃さず、ライト前にはじき返してヒットで出塁しました。

続く5番は1年生で唯一ベンチに入る小田康一郎選手。

chuukyo03.jpeg

3回戦の東海大相模戦では勝ち越しタイムリーを打った成長著しい1年生はツーボールからの3球目、待っていたストレートを全力で打ち返しました。しかし、「あまりにも力強く、押されてしまった」と146キロの速球に詰まらされセカンドゴロ。得点にはつながらず、4試合連続の終盤の逆転劇とはなりませんでした。

試合後


藤田選手は「奥川投手は試合を通して失投が1球あるかないかだった。スライダーは、来るとわかっていても、手を出してしまうほどのキレがあった。完敗です」と悔し涙を流しながら話していました。

小田選手は「変化球は捨てる作戦だったが途中までストレートに見えるほ どのキレがあり、見極められなかった。ストレートも見たことがないほど伸びがあった」と肩を落としました。

力の差を感じた準決勝の戦い
それでも奥川投手にくらいついたナインの姿は最後まで自分たちの野球を貫き、ベスト4まで
勝ち上がってきた強さをかいま見せました。

chukyo04.jpeg
「必ず甲子園に戻ってきて次こそ決勝に進み、先輩に恩返しがしたい」と話してくれた小田選手。
先輩の思いを受け継ぎ再びこの舞台に戻ってくることを誓っていました。
【甲子園取材班:安留秀幸記者】

 

koshien101_logo_YOKO_rgb.jpg
NHK甲子園 特設HP

 

高校野球

もっと見る

夏の甲子園 ニュース一覧

もっと見る

高校野球のニュース一覧

もっと見る

関西のスポーツ

もっと見る