高校野球

2019年08月17日 (土)

"借りを返す日が来た" 明石商 来田選手の決意

 

誰にだって、やり直したいことがある。

勝負の世界、それがかなわないのなら、借りだけは返したい。

 kida1.jpg

 

兵庫の明石商業の1番バッター、来田涼斗選手の話だ。

 

去年夏の甲子園。

明石商業は初戦で青森の八戸学院光星と戦った。

来田選手は当時1年生。レフトを守っていた。

延長10回だった。

ツーアウト一塁二塁のピンチ。

打球は自分のほうに飛んできた。

 kida2.jpg

 

必死にグラブを伸ばした瞬間だった。

 kida3.jpg

 

想定外のバウンドだった。

 

kida4.jpg

 

来田涼斗選手

早くホームに送球しようとして前進したのですが、ボールがイレギュラーして弾いてしまいました。

 

その間に二塁ランナーがホームにかえって、1点を勝ち越され、これが決勝点となった。

悔やんでも悔やみきれない初戦敗退だった。

 

「お前にはあと2年あるから頑張れ」。

 

3年生の先輩にそう声をかけられ、気持ちを切り替えることができた。

 

それから1年がたった。

守備は徹底的に磨いてきた。

 kida5.jpg

バッティングにパワーをつけるため、体重も8キロ増やした。

 

大会12日目の18日。

明石商業は初めて準々決勝に臨む。

相手は、ほかでもない。八戸学院光星だ。

 

kida6.jpg 

来田涼斗選手

もともと対戦するとは思っていなかったので驚きました。

やってやろうという気持ちです。

しっかり守るのはもちろんですが、打撃でピッチャーを助けるのが自分の役目なので、自分の役割を果たして、去年の借りを返したいと思います。

 

チャンスは来た。

こんどは借りを返せるかもしれない。

 

【甲子園取材班:上原一修記者】

 

koshien101_logo_YOKO_rgb.jpg
NHK甲子園 特設HP

 

高校野球

もっと見る

夏の甲子園 ニュース一覧

もっと見る

高校野球のニュース一覧

もっと見る

関西のスポーツ

もっと見る