高校野球

2019年04月02日 (火)

美爆音の応援を力に変えて!

NARASINOMAIN.jpg

 

ともに初の決勝進出をかけて臨んだ習志野対明豊の準決勝第1試合。

習志野は、名物「美爆音」の応援を受けて終盤に追いつき、逆転して初の決勝進出を決めました。

 

きょうも美爆音鳴り響く!


NARASINOBIBAKUON.jpeg

習志野の応援と言えば「美爆音」。

全国屈指の吹奏楽部を中心とした大迫力の応援は、SNSでも話題にのぼり、野球部はここまで優勝候補の星稜を破るなど快進撃を続けてきました。

きょうの試合でもその美爆音は健在でした。

 

美爆音を受け初の決勝進出


OZAWA.jpg

1点を追う7回は、ランナー三塁の場面で9番の小澤拓海選手。

「応援が後押しになった」とセンターに同点のタイムリーヒット。

スタンドはお祭り騒ぎになります。

さらに続く8回は、櫻井亨佑選手のソロホームランで勝ち越し、なおもチャンスでキャッチャーの兼子将太朗選手。

「応援があるから自信を持って打席に入れる。あの場面は気合いが入った」。

5点目となるレフトへのタイムリーヒットを打って明豊を突きはなし、初の決勝進出につなげました。

 

千葉県勢初優勝まであと1勝


takenawa1.jpeg 

 キャプテンの竹縄俊希選手は、試合後、応援への感謝の気持ちを述べました。


応援の力が本当に力になっている。遠くからかけつけてくれるOBの方もいて習志野のつながりを強く感じる。なんとしても結果で恩返ししたい。決勝では自分たちの野球を貫いていきたい。

優勝すれば、千葉県勢では初めて。

「美爆音」の応援を力に変えて習志野が決勝に挑みます。

 【センバツ取材班:小林達記記者】

 

senbatsu91_logo.png
NHK甲子園 特設HP

 

高校野球

もっと見る

夏の甲子園 ニュース一覧

もっと見る

高校野球のニュース一覧

もっと見る

センバツのニュース一覧

もっと見る

高校野球NEXT

もっと見る

関西のスポーツ

もっと見る

「甲子園」を演奏しよう

もっと見る