高校野球

2019年03月31日 (日)

習志野 代役3番が大暴れ

 

準々決勝で市立和歌山高校を破って、センバツでは初めてベストフォー進出を決めた千葉の習志野高校。エースの飯塚脩人投手の好投が光ったこの試合、3安打2盗塁と攻撃面で大暴れしたのが3番に入った2年生の角田勇斗選手です。

 narasino1.PNGnarasino3.PNG 

習志野の3番には本来、別の選手が名前を連ねるはずでした。3年生の根本翔吾選手です。

 narasino10.PNG 

根本選手は、2回戦の星稜高校との試合の第1打席で右足にデッドボールを受けました。

 narasino9.PNG 

診断結果は「打撲」。

準々決勝は欠場せざるを得ませんでした。

現チームでただ1人、旧チームからのレギュラー。

小林徹監督が「ほかの打順はほとんど組み替えたことがあったが、3番だけは決まっていた」と話す不動の3番バッターの思わぬけがでした。

 narasino11.PNG

3番に誰を起用するのか。

小林監督が悩み抜いたすえに起用したのが2年生の角田選手。

根本選手がふだんの練習だけでなく、寮生活などでも親しくしていた1学年下の「弟分」でした。

 narasino2.PNG

角田勇斗選手

根本さんは自分のことを本当に気にかけてくれる先輩。出場できない根本さんの分まで頑張ろう。

 

迎えた準々決勝。

ベンチから声援を送る根本選手の前で、大活躍した角田選手。

試合の後は報道陣の取材が集中しました。

 narasino8.PNG

「弟分」角田勇斗選手

チャンスで打順が回る3番バッターの心構えについて根本さんがアドバイスをくれたので、後ろにつなぐバッティングを徹底できました。

 「兄貴分」根本翔吾選手

かわいがってきた弟分なので とてもうれしいです。本当に頼もしい後輩です。

 

今の習志野には不測の事態すらプラスに変える強さがあるように感じました。

【センバツ取材班:立石顕記者】

 

senbatsu91_logo.png
NHK甲子園 特設HP

 

高校野球

もっと見る

夏の甲子園 ニュース一覧

もっと見る

高校野球のニュース一覧

もっと見る

センバツのニュース一覧

もっと見る

高校野球NEXT

もっと見る

関西のスポーツ

もっと見る

「甲子園」を演奏しよう

もっと見る