高校野球

2019年03月31日 (日)

龍谷大平安・野澤 延長戦で1球に泣く

nozawa01.jpg

龍谷大平安高校の左投げのエース・野澤秀伍投手は

1回戦では延長11回を完封、2回戦でも1失点完投と今大会、抜群の安定感を見せていました。

しかし、この大会2試合目の延長戦となった準々決勝。

最後は1球の失投に泣きました。

 

安定感が光る野澤投手だったが…

nozawa02.jpeg

きょうの準々決勝、明豊高校戦では相手打線がここまで左投手を攻略して勝ち上がってきたこともあり、リリーフ待機。

7回途中からマウンドに上がると、持ち味のコントロールを生かして強打の明豊打線を抑え、スコアボードに「0」を並べたまま延長11回へに入りました。

延長11回、内野のエラーもあり、ワンアウト満塁の絶体絶命のピンチ。

野澤投手は「心の中では『やばいやばい』と思っても顔には出さないようにしている」といつも通り冷静な表情を見せていました。

それでも、力のあるストレートで明豊の5番・藪田源選手から空振り三振を奪うと、「オー!!」と大きな声で吠えました。

 

TRETreasure0034.jpg

ところが次の後藤杏太選手には2ボール2ストライクからの6球目、力を込めたストレートが甘く入り、右中間にはじき返されました。

ここまで低めにボールを集めていた野澤投手ですが、「失投だった」と肩を落としていました。

 

"完璧な投手になって帰ってきたい"

nozawa03.jpg

3試合を通して変化球を低めにコントロールして力を見せた野澤投手。

その落ち着いた様子から、野澤投手を“おじいちゃん”と呼ぶ原田英彦監督は「秋からずっとよく投げてくれたし、もっと成長できるはず。夏に向けて食べて走って真のエースになって欲しい」と話していました。

野澤投手も「完璧な投手になってまた甲子園に帰ってきたい」と次を見据えていました。

(甲子園取材班:今村亜由美記者)

 

senbatsu91_logo.png
NHK甲子園 特設HP

 

高校野球

もっと見る

夏の甲子園 ニュース一覧

もっと見る

高校野球のニュース一覧

もっと見る

センバツのニュース一覧

もっと見る

高校野球NEXT

もっと見る

関西のスポーツ

もっと見る

「甲子園」を演奏しよう

もっと見る