高校野球

2019年03月31日 (日)

習志野 飯塚 「自信のピッチングで勝利呼び込む!」

iiduka01.jpg

 

準々決勝で接戦を制した千葉の習志野高校。

センバツ初のベスト4進出の原動力となったのは2回から登板し、チームに流れを呼び込んだエース、飯塚脩人投手でした。

 

優勝候補の星稜を抑えて自信に!

 

iiduka03.jpg

飯塚投手は2回戦で優勝候補の石川の星稜高校を相手に2人目でマウンドに上がり7回あまりを0点に抑えて準々決勝進出に大きく貢献。

「野球人生の中で1番自信になった」と手応えを感じていました。

 

準々決勝のリリーフで自信のピッチング

iiduka04.jpg

 

迎えた準々決勝。

飯塚投手はこの日も先発ではありませんでしたが、「いつでもいけるように常に先発ピッチャーと同じように肩を作っている」と1回からピッチングをして登板に備えていました。

そして、1対3となった2回表に早くもマウンドに上がりました。

味方のエラーなどもあり、3回から5回まではいずれもピンチを迎えましたが、「星稜打線を抑えた自信があったので、落ち着いて投げられた」と140キロ台のストレートとキレのある変化球を交えて追加点を許しませんでした。

 

自らのバットで同点に

TRETreasure0020.jpg

ピンチをしのぐことで徐々に流れをつかんだ習志野。

6回には飯塚投手がツーアウト一塁二塁からタイムリーヒットを打ってとうとう同点に追いつきました。

飯塚投手は「自分で打って乗っていけた」と6回ウラを初めて三者凡退に抑え、尻上がりに調子を上げると、チームもさらに勢いづき7回に1点を勝ち越しました。


打球がひざに当たるも投げ切る

TRETreasure0018.jpg

飯塚投手は8回にピッチャーゴロが左ひざに当たり、治療を受けるアクシデントもありましたが、最後まで投げ抜き、8回無失点の好投でチームを勝利に導きました。

試合後、飯塚投手は「ピンチを抑えただけでなく点を取った後も0点に抑えられたことが、打線の援護につながったと思う」と振り返りました。

 

iiduka05.jpeg


そして、「甲子園で3試合に登板し点を取られてませんね」と質問すると「ふだんから打たれたらどうしようと考えることが多いけど、結果だけ見ると無失点なので少しずつ自信になってきている」と答えてくれました。

この先も0点に抑え、チームの新たな歴史を作るのか。飯塚投手のピッチングに注目です。

(甲子園取材班:金沢隆大記者)

 

senbatsu91_logo.png
NHK甲子園 特設HP

 

高校野球

もっと見る

夏の甲子園 ニュース一覧

もっと見る

高校野球のニュース一覧

もっと見る

センバツのニュース一覧

もっと見る

高校野球NEXT

もっと見る

関西のスポーツ

もっと見る

「甲子園」を演奏しよう

もっと見る