高校野球

2018年08月13日 (月)

大阪桐蔭の強み~ツーアウトランナーなしからの粘り~

 nakagawa.jpeg

大会9日目第1試合で3回戦進出を決めた北大阪の大阪桐蔭高校。大会屈指の強力打線に注目が集まる中、13日の試合を決定づけたのは派手な長打ではなく、「ツーアウトからの粘り」でした。

 

南福岡の沖学園との2回戦は中盤まで互いに点を取り合う接戦となりました。3対3の同点で迎えた6回、大阪桐蔭は先頭バッターが出塁しましたが、ヒットエンドランの失敗などでツーアウトランナーなしとなり、無得点に終わるかと思われました。

 

ここで打席に入ったのが今大会ノーヒットの7番の石川瑞貴選手。「ここで凡退すると、相手に流れがいく。なんとしても塁に出る」とチェンジアップに体勢を崩しながら、しぶとくセンター前に運びました。

続くバッターのレフト前ヒットで石川選手はレフトの動きが遅いとみると、一塁から一気に三塁まで進みました。


このあと、デッドボールで満塁となって連続タイムリー。この回、ツーアウトランナーなしから一挙に4点をあげて試合を決定づけました。


大阪桐蔭はプロも注目する4番の藤原恭大選手などタレントぞろいの打線に話題が集まっていますが、
実はことしのチームはツーアウトランナーなしからの粘りの攻撃が持ち味です。
北大阪大会の準決勝でも1点を追う9回にツーアウトランナーなしから各バッターがきわどいボールを見極めて、3点を奪って逆転勝ちをおさめました。


キャプテンの中川卓也選手は「実戦を意識した練習を多く取り入れてきたし、甲子園でも経験を積んできているのがチームの粘りにつながっている。きょうは打線がしっかりつないで、次の塁を狙う走塁もできたのが勝因です」と 振り返っていました。

強力打線にしぶとさを兼ね備えた大阪桐蔭が史上初となる2回目の春夏連覇にまた1歩近づきました。

(甲子園取材班 金沢隆大記者)

isikawa.jpeg

 

NHK甲子園 特設HP
koushien100_s.jpg

 

高校野球

もっと見る

夏の甲子園 ニュース一覧

もっと見る

関西のスポーツ

もっと見る

「甲子園」を演奏しよう

もっと見る