高校野球

2018年08月11日 (土)

【ふるさとリポート】8年ぶりに戻った夏の甲子園~報徳学園高校(東兵庫)

houtoku_2018-08-11.jpg東兵庫代表は報徳学園高校です!8年ぶり15回目の出場。兵庫県では最多の出場回数を誇ります。

走攻守3拍子揃った小園海斗(こぞの かいと)選手は昨年、2年生ながらに日本代表にも選ばれた大会でも注目の選手。東兵庫大会ではチーム最多安打を放ち、サヨナラホームランもありました。守っても広い守備範囲でスタンドを沸かせました。甲子園での一層の活躍に期待です。 投手陣の柱はサウスポーの渡※邊友哉(わたなべ ともや)投手。テンポよく打たせて取るピッチングが特徴です。その渡邊投手から、右腕の木村勇仁(きむら ゆうと)投手につなぐのは必勝パターンのひとつです。

そして見どころはプレーだけではありません。チームスローガンの「全員野球」はベンチメンバーだけでなく、応援団含むチーム全員の合言葉です。

応援団長の竹口拓輝(たけぐち ひろき)さんは「ベンチメンバーの日本一へサポートをして全員で試合を戦う」と応援への意気込みを話していました。伝統の報徳学園ですが、新たな応援スタイルの“元祖”でもあります。近ごろ甲子園でよく耳にする応援、「あげあげホイホイ」という応援を生み出し、いま全国の学校が取り入れています。“元祖あげあげホイホイ”の勢いあるアルプススタンドの応援もぜひお楽しみ下さい!

※渡邊の「なべ」のしんにょうの点は1つで右側は方です。

(報徳学園 ふるさとリポーター 坪尾明音)

 

NHK甲子園 特設HP
koushien100_s.jpg

 

高校野球

もっと見る

夏の甲子園 ニュース一覧

もっと見る

関西のスポーツ

もっと見る

「甲子園」を演奏しよう

もっと見る