高校野球

2018年08月10日 (金)

積極的な打撃で初勝利~奈良大付・宮川選手~

 nara.jpeg

大会6日目の第3試合では奈良大付属高校が持ち味の積極的なバッティングを披露し、春夏通じてうれしい甲子園初勝利をあげました。

 

夏の甲子園初出場の奈良大付属はチーム打率が4割5分8厘と出場校中トップで、積極的にバットを振っていくのがチームカラーです。きょうの試合でその特徴を発揮したのがトップバッターの宮川寛志選手でした。


1回は試合開始直後の初球を迷わずスイングし、ファウルになりましたが、チームのモットーをみせます。この打席でツーベースヒットを打った宮川選手はその後、相手の悪送球の間に先制のホームを踏み、

相手の出ばなをくじきました。

 

さらに1対0で迎えた5回はファーストストライクとなる2球目のチェンジアップを「体が勝手に反応した」と振り抜きます。鋭い打球は右中間に飛び込むツーランホームランとなって山形の羽黒高校を突き放し、甲子園初勝利に大きく貢献しました。

 

試合後、宮川選手は「初めての甲子園だったが、全然緊張しなかった。チームの方針である積極的なバッティングをしっかりできたことが結果につながったと思う。次の試合も自分が積極的に打って流れを作りたい」と意気込んでいました。

(甲子園取材班 金沢隆大記者)

nara2.jpeg

 

NHK甲子園 特設HP
koushien100_s.jpg

 

高校野球

もっと見る

夏の甲子園 ニュース一覧

もっと見る

関西のスポーツ

もっと見る

「甲子園」を演奏しよう

もっと見る