高校野球

2018年08月10日 (金)

【ふるさとリポート】最後まで諦めない!〜創成館(長崎)~

soseikan.JPG8月9日。長崎原爆の日に行われた創成館高校の初戦。3年前、はじめて夏の甲子園に出場した時も8月9日でした。原爆が投下された午前11時2分には、選手、移動中のバスにいた応援団も黙祷しました。生徒に話を聞くと、「長崎にとっては大切な日。今日、甲子園で野球の応援ができることに感謝したい」と話していました。

 

 去年の明治神宮大会では準優勝。春のセンバツベスト8。自信を持って臨んだ夏の甲子園に臨みました。

 

創成館高校は守り勝つ野球が持ち味ですが、先発でエースの川原投手が4回、相手打線に捕まり、リードを許します。創成館打線も、ヒットで出塁しましたが、盗塁失敗などで、流れを掴めません。ベンチにいるピッチャー5人全てを投入しますが、最後まで勢いに乗った、岡山の創志学園に7-0で敗れました。

 

 印象的だったのは、終始リードを許される展開にも関わらず、創成館高校の応援団が、回を追うごとに声のボリュームが大きくなっていったことでした。応援団も最後まで諦めませんでした。悔しい思いもありますが、来年の創成館高校にも期待しています!

 (創成館 ふるさとリポーター  片平 和宏) 

 

NHK甲子園 特設HP
koushien100_s.jpg

 

高校野球

もっと見る

夏の甲子園 ニュース一覧

もっと見る

関西のスポーツ

もっと見る

「甲子園」を演奏しよう

もっと見る