高校野球

2018年07月30日 (月)

56の代表校決まる!

 

8月5日に甲子園球場で開幕する夏の全国高校野球に出場する
56の代表校が30日、出そろいました。


初出場は、▼西千葉の中央学院と▼三重の白山高校、▼西兵庫の明石商業、▼奈良大付属高校、▼北福岡の折尾愛真高校、それに▼南福岡の沖学園の合わせて6校。このうち白山高校と折尾愛真高校、沖学園は
春夏通じて初めての甲子園です。

京都の龍谷大平安高校は今大会の代表校で最多となる34回目の出場です。
福島の聖光学院は12年連続の出場で、夏の甲子園の戦後の連続出場記録を更新しました。
今大会で最も久しぶりの出場となるのは東海大熊本星翔高校の35年ぶりです。

ことしの春のセンバツを制した北大阪の大阪桐蔭高校は平成24年以来、史上初となる2回目の春夏連覇を目指します。また、北埼玉の花咲徳栄高校は、史上7校目となる夏連覇に挑みます。

夏の全国高校野球は8月2日に組み合わせ抽選が行われ、8月5日に開幕します。   

 

NHK甲子園 特設HP
koushien100_s.jpg

 

高校野球

もっと見る

スポーツ

もっと見る