歴史秘話ヒストリア

2020年01月29日 (水)

信長を導いた戦国革命児 斎藤道三 非情の哲学

 20200129Photo-1.jpg

 戦国の夜明けに、美濃で力を示した斎藤道三。大河ドラマでも大注目の道三の一生を追いました。道三が、娘の濃姫と共にのし上がっていく様、そして、信長と親子の関係になっていく物語は、興味が尽きませんでした。道三がいたからこそ、信長が力をつける術を学び、親子や兄弟など、血のつながりも関係ない、非情な常識が通る時代が作られていったのでしょう。

20200129Photo-2.jpg去年、道三の居城だった岐阜城から、道三が築いたとみられる石垣が初めて見つかりました。構造的にも強固で、石垣の上には、櫓(やぐら)のような重量を持った建築物を建てることができたとのこと。道三が注目されるこのタイミングでの発見は、ワクワクしますね!そして、その技術が、織田信長による安土城築城にも受け継がれる。最先端の技術を取り入れ、力をつけていく武将の姿が、石垣の作りからも伝わってきます。

20200129Photo-3.jpg

エピローグでご紹介した、道三が信長に国を譲るという書状が保管されていた、妙覚寺。道三の父・新左衛門は、ここで僧侶をしていたと言われています。数年前、紅葉の時期に、京都通の中川緑アナウンサーから勧められて、行ってみました!お庭の美しさは、ハア~!と声を出して、見とれてしまうほど。丸窓から望む紅葉も絵画のようでした。実は、織田信長の京都での宿泊先は、妙覚寺が一番多かったそうです。「本能寺の変」のイメージが強いので、なんとなく本能寺が定番となのかなと思いますよね。ちなみにその時は、息子の信忠が宿泊していたそう。紅葉の時期、みなさんもぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

 

歴史秘話ヒストリア@NHKオンデマンド 

もっと見る

歴史秘話ヒストリア そのほかの記事

もっと見る

関西発 芸術・文化

もっと見る

かんさい季節の行事

もっと見る

Core Kyoto NHKオンデマンド

もっと見る

ONE WORLD in KIMONO

もっと見る

関西 NEWS WEB

もっと見る

 

■ コメント(1)
  • ピロシ

    2020年01月30日 18時46分

     大河ドラマ「麒麟がくる」は序盤から激しい戦闘シーンも多く、ストーリーに引き込まれてしまいますね。長谷川博己さんがまだ朝ドラの萬平さんに見えてしまいますけど。(笑)
     美濃のマムシこと斎藤道三は下克上の代表格で、どこかダーティーな印象がありましたが、想像以上の強引なやりかたでした。濃姫を使って主君である土岐氏を追い詰める所なんてコワ~イですね。信長が聖徳寺で道三と会見したことは、その後の城下町や城の造り方、茶の湯にまで影響を与えていたのなら、この会見が戦国の歴史を変えたと言ってもいいですね。信長が妙覚寺に泊まっていたらどうなっていたのだろうか? 妙覚寺の変!?