歴史秘話ヒストリア

2019年09月11日 (水)

ここがスゴイ!承久の乱

0911Photo-1.jpg

鎌倉幕府と京の朝廷が武力衝突した「承久の乱」。今回は、この事件を、鎌倉方の武士・北条義時と、日本史上屈指の才能を持つといわれた帝王・後鳥羽上皇を軸に紐解きました。主人公・北条義時は、父・時政の横暴に立ち向かったことで鎌倉の御家人の支持を得て、力をつけました。そして、カリスマ・後鳥羽上皇の「義時追討」の院宣にも果敢に挑み、その後600年以上にわたる「武士の世」の礎を築きます。木像も肖像画も残っていないということですが、北条義時の葛藤を辿ることで、大きな時代の転換点に、彼をはじめとする鎌倉の武士たちの確かな志によって成し遂げられた歴史が見えました。ちなみに番組の中で、「武士の世」を代表する武士たちが、一瞬、画面を横切りましたが、皆さんお分かりになりましたか? 足利尊氏、足利義満、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、徳川家光、徳川吉宗、坂本龍馬、西郷隆盛の9人。以上、担当の高木ディレクター独断のセレクトだそうです。

0911Photo-2.jpg

また、エピローグでご紹介した、勝海舟が幕府の代表として矢面に立った時、義時を支えにしたというエピソード。勝の言葉には、「(北条義時は)自分の身を犠牲にして国家に尽くしたのだ。おれも幕府瓦解の時には、せめて義時に笑われないようにと幾度も心を引き締めたことがあったっけ。」と、ありました。時代によっては、反逆者として批判も受けた義時ですが、近年「武士の世の幕開け」として研究が進む「承久の乱」を通して、さらに注目される人物となっています。

0911Photo-3.jpg

ここでちょっと「お着物秘話」。今回は淡い紫色のお着物でしたが、前回放送の「酒井玄蕃」の回について、せっかく秘話があったのに、ブログに書き忘れておりました。酒井玄蕃の庄内藩は、山形県…ということで、ご当地名物「さくらんぼ」を着物のモチーフに取り入れたいとの要望が、担当の舩田ディレクターからあったのです。そこで、衣装担当の横山さん、なんと、さくらんぼ色の赤い着物を探し出した上に、こんな遊び心まで! 帯留めには、さり気なくさくらんぼ!! 洋装用のブローチを帯留めとして仕立て直し、本番でつけてくださいました。なんとも可愛らしかった~。放送では、あまりに小さくて、その形が分からなかった方も多かったかもしれませんが、衣装には、テーマへの想いがそっと込められておりました。「お着物秘話」、これからもお届けしてまいりまーす!



歴史秘話ヒストリア ホームページ

 

歴史秘話ヒストリア@NHKオンデマンド 

もっと見る

歴史秘話ヒストリア そのほかの記事

もっと見る

関西発 芸術・文化

もっと見る

かんさい季節の行事

もっと見る

Core Kyoto NHKオンデマンド

もっと見る

ONE WORLD in KIMONO

もっと見る

関西 NEWS WEB

もっと見る