ぐるっと関西おひるまえ

2017年06月15日 (木)

STOP!危ない自転車についてNMB48三田麻央さんが語る。

gkSTOP0001_logo.jpg

6月13日放送の「ぐるっと関西おひるまえ」の抄録です。

(番組MC:河島あみるさん、大平サブローさん)

河島:知っ得NHKのコーナーです。NHK大阪放送局が取り組んでいるキャンペーン【STOP!危ない自転車】についてご紹介します。キャンペーンについて紹介してくれるのはいつものこの方です。

 

三田:はい!NMB48チームNの“まおきゅん”こと三田麻央(みた まお)です。よろしくお願いします。

河島:そしてもう一方、大阪府警本部自転車対策室の西村麻記さんです。

 

gkSTOP0002_logo.jpg 

西村:よろしくお願いします。

三田:突然ですがお二人は「VR」をご存知でしょうか?

サブロー:ぶいあ~る?

河島:最近よく耳にはしますね?

 

gkSTOP0003_logo.jpg 

三田:VRとはバーチャル・リアリティの略でして、作られた仮想空間によって、あたかも現実みたいな体験ができる技術です。

サブロー:ゲームの中でよくあるような?

三田:そうですね。今回は一般には体験できないのですが、特別に番組のために機会を持ってきていただきました。

サブロー:へぇ~。

三田:そこでサブローさんに体験していただこうと思います。

サブロー:僕ですか?

 

gkSTOP0004_logo.jpg 

河島:どういったものなんでしょうか?

西村:今からサブローさんに見ていただきますのは《信号機の無い交差点で自転車と車の出会いがしらの事故》をみていただこうと思います。

三田:テレビをご覧の皆さんには立体にはなりませんが同じ画面を見ていただきます。

 

gkSTOP0005_logo.jpg 

河島:どんな感じですか?

サブロー:住宅地で少し坂になってるんかな?スーッと走ってます。

河島:車が見えますね。

サブロー:あっ危ない。

三田:自転車に乗っていたのがサブローさんで事故に遭ってしまいましたが。

サブロー:右側から車が出てくるから反応が遅れるよね。

三田:リアル体験いかがでしたか?

サブロー:リアル!リアル!自転車実際に乗るからね。やはり左を走らないと危ないね!

三田:なぜこのような事故が起きてしまうんでしょうか?

 

gkSTOP0006_logo.jpg 

西村:車側から見た映像をご覧ください。[止まれ]のある交差点ですので車はいったん停止します。この時点ではまだ自転車の姿は見えませんよね。車は左右の安全を確認してから発進しますが突然左から自転車が現れます。自転車も速度を落として車も一時停止して気をつけていたはずなんですがなぜこんな事故が起きてしまったのか。続いて上から見た映像をご覧ください。

 

gkSTOP0007_logo.jpg 

西村:赤と緑の部分は自転車や車からは見えていない部分なんです。

 

gkSTOP0008_logo.jpg 

西村:本来自転車は左側を走らないといけないんですが、自転車が右側を走っているので家の塀などが邪魔をしてお互いが見えていないんです。自転車が左側を走っていればどうだったのかそちらの映像をご覧ください。

 

gkSTOP0009_logo.jpg 

西村:左側を走っていますと右から来る車と距離がありますので余裕をもってこのように止まることができます。自転車は左側を走らないといけないというのがよくお分かりになられたと思います。

サブロー:よく分かりました。こういう事故多いもん。

河島:身をもって体験したような。

サブロー:うん!リアルリアル!こけてないだけやからね。

三田:実はもう一つ用意してもらったんです。普段自転車にお乗りにならない、あみるさんに体験していただきたいと思います。

河島:怖いなぁ~。

西村:次に見ていただくのは《路側帯から車道に自転車が出たときに起こりうる事故》になります。

河島:路側帯というのは?

西村:はい路側帯というのは[歩道が無い車道の端に作られた白い実線で区切られた場所]になります。

河島:音楽聴きながら自転車乗っているみたいです。

 

gkSTOP0010_logo.jpg 

[危ない!!]

 

gkSTOP0011_logo.jpg 

[後方から接近していた車に気づかないで急に車道に飛び出したために車と衝突してしました。]

河島:私のせい?

サブロー:音楽聴いているからクラクションもエンジン音も聞こえなかったんやね。

河島:ノリノリの音楽鳴ってました。

三田:いかがでしたか?あみるさん。

河島:ちょっと痛かった気がしますね。

サブロー:よくあるよね。駐車をしている車を避けて自転車が膨れてくるとか。

三田:西村さんこれはどういうことで・・・。

西村:これも映像をご覧ください。車から見た映像になります。

 

gkSTOP0012_logo.jpg 

西村:自転車が車を避けようと車道に出てきて事故になります。続いて上から見た映像になります。

 

gkSTOP0013_logo.jpg 

西村:ヘッドフォンで音楽を聴いているので後ろから車の接近に気づかずに接触してしまいます。

サブロー:自転車が急に車道に出たら避けれないね。

西村:次にヘッドホンをしてなければどうだったかをご覧いただきます。ヘッドホンをしていないと車の接近に気づき赤い車の手前で停止し後ろからくる車が行ってから安全確認して走りだすので事故にはなりません。

サブロー:赤い車の運転手さんとのアイコンタクトもいるよ。

河島:止まるの?行くの?という感じですね。

サブロー:怖いのは大きな日よけのバイザー付けているおばちゃんが怖いね。来るのか来ないのかわからへんねん。

河島:表情が見えないですからね。見るのも大事ですけど聞くのも大事なんですね。

サブロー:音楽聴いたらあかんね。

河島:でも多いんですよね。

三田:事故をVRで体験してどうでしたか?

サブロー:道は自転車は左側を走ろう!

河島:理屈では分かっていても実際に事故を見るとだから左側を走らないといけないのかと分かりますよね。

三田:身をもって体験していただかないと分からないこともあるんですけど。そういった自転車マナーは私たちが出演するらラジオドラマを聴いていただくと分かります。ドラマのラインナップはこちらです。

 

gkSTOP0014_logo.jpg 

三田:詳しい解説は西村さんがしてくださっています。

西村:自転車事故に遭わないためにも是非お聴きください。

河島:そのラジオドラマの聴き方を教えてください。

三田:はい。NHK大阪のホームページにアクセスして[危ない自転車]というところをクリックしてください特設ページが開き、そこからラジオドラマを聴くことができます。皆さんも自転車の運転には気をつけてくださいね!

サブロー:元々便利なものですし、ちょっとしたルールを守ることで全然変わりますからね。

河島:是非聴いてみてください。きょうはSTOP!危ない自転車についてNMB48三田麻央さんと大阪府警西村麻紀さんに来ていただきました。ありがとうございました。

三田:ありがとうございました。

西村:ありがとうございました。

 

 

 

ぐるっと関西おひるまえHP

http://www4.nhk.or.jp/P2702/

 

NHK大阪放送局HP

http://www.nhk.or.jp/osaka/