レシピ

2020年10月16日 (金)

みんな大好きエビ料理!プロが教える簡単メニュー

10/16放送ごごナマ「おいしい金曜日」より

gogonama_201016onapare.jpg今回は「みんな大好き“エビ料理”」と題しまして、お子さんから大人までみんなが大好きなエビを使った、おいしいレシピをご紹介します。ご家庭で簡単にできる「エビの天むす」や、「エビのブイヤベース」など、伝統の和食と洋食を融合させた新感覚のエビ料理をお伝えします。

エビ料理を教えていただいたのは、ニューヨークのレストランで活躍し、今は京都のレストランのオーナーシェフを務める、富永 暖(とみなが・だん)さんです。

 

さっそく、プロが教える、エビ料理を3品ご紹介します!

まず1品目は、エビの天ぷらを使った、にぎらないおむすびです♪

~にぎらない!?エビの天むす~

gogonama_201016tenmusu.jpg○材料(2コ分)

エビ(ブラックタイガー)...2匹
・塩...少々
・打ち粉...適量
・天ぷら衣(天ぷら粉/水)
天ぷら粉と水の分量は表記どおり

・焼きのり(5~7cm四方)...2枚
・すし飯...70g
・くるみ/オリーブ/ケイパー...各適量
・ウナギのタレ(市販)...適量
・粉さんしょう...適量

○作り方○

①エビのお腹と両脇の筋を切り、塩、打ち粉をふる。

②天ぷら衣をつけ、170℃の油で揚げる。

③すし飯に、細かく砕いたくるみ、刻んだオリーブ、ケイパーを混ぜる。 

④焼きのりの中央に軽く握ったすし飯をおき、エビの天ぷらをのせる。

⑤ウナギのタレをかけて、粉さんしょうをふれば完成!!

                                                       

★料理ポイント・コツ

・エビのお腹と両脇の筋を切ることで、エビをまっすぐ揚げることができます。

・和風に仕上げたい場合は、くるみやオリーブ、ケイパーの代わりに、しそやしょうがを混ぜてください。

                           


2品目は、即席で作れちゃう!冷凍の有頭エビを使った「ブイヤベース」。

本来なら魚介でとった出汁(だし)を入れますが、今回ご紹介するのは、お湯で溶いた“即席みそ汁”を使います。時短にもなりますよ!

~即席!?エビのブイヤベース~

gogonama_201016buiyabe-su.jpg○材料(2人分)

・有頭エビ(冷凍)...4匹
・にんにく...1片
・オリーブ油...大さじ1
・あさり...4コ
・タイ...20g(白身魚であれば可)
・ブロッコリー...2コ
・九条ネギ...2本
・ジャガイモ...1コ
・即席みそ汁(市販)...2人分
・白ワイン...30ml
・トマト...1/4コ
・ゆずこしょう...適量 

<仕上げ用>

・オリーブ油...小さじ1
・レモン...1切れ
・粒マスタード...適量

○作り方 

①冷凍エビを80℃の塩水に1~2分入れてから引きあげて解凍する。

②にんにく、オリーブ油でエビの頭をつぶしながらソテーする。

③あさり、タイ、ブロッコリー、九条ネギ、ジャガイモ(電子レンジで加熱)を加えソテーする。

④白ワイン、お湯で溶いた即席みそ汁を加え、ひと煮たちさせる。

⑤刻んだトマト、ゆずこしょうを加える

⑥器に盛りオリーブ油を回しかけ、粒マスタード、レモンを添えれば完成!!

                                     

★料理ポイント・コツ

・80℃のお湯の目安は、沸騰したお湯に差し水をする程度です。

・魚介類のぬめりや臭みをとるには、塩水で洗うとうまくとれます。

・即席みそ汁は、みそと具が別になっているものをなるべく選ぶようにしてください。

                                


3品目は、一度食べたら止まらなくなる、プリっとしたエビと衣のサクサク食感が楽しめるメニューです♪

~ポップコーンシュリンプ~

gogonama_201016poppuko-n.jpg○材料(1人分)

・むきエビ...5匹
・塩...少々
・小麦粉...適量
・天ぷら衣(天ぷら粉...25g、水...30ml)
・ぶぶあられ...適量
・オリーブ油...大さじ2
・昆布茶...少々
・一味とうがらし...少々

○作り方 

①むきエビに塩少々ふる。

②エビに天ぷら衣をつける。

③ぶぶあられをまぶす。

④オリーブ油でソテーする。

⑤器に盛り昆布茶、一味とうがらしをふれば完成!!

                                    

★料理ポイント・コツ

・衣に、ぶぶあられをまぶすことでサクサク食感が楽しめます。

                                     


ここからは、中継でお伝えしました、
今が旬!「丹波の黒枝豆」を使った、黒枝豆の炭火焼きをご紹介!!

gogonama_201016edamame1.jpg枝豆の王様といわれる「丹波の黒枝豆」は、普通の枝豆と比べると1,5倍くらい大きいです。

黒枝豆として食べられるのは、10月中のわずか1か月弱ほどなんです。黒枝豆は1か月かけて徐々に色が黒くなっていきます。

<1か月で味が3変化!?黒枝豆のオススメの食べ方>

10月上旬は、緑色でプリプリ食感が魅力!枝豆をゆでて食べるのがオススメ。

10月中旬は、少し黒くなりホクホク感が増します。枝豆を焼いて食べるのがオススメ。

10月下旬は、黒さが増し、大きく食べごたえが出るので、枝豆ごはんにするのがオススメ。

                                 

今の時期は、少し黒みがかかり、焼くことでホクホク甘くておいしい枝豆が味わえます。
ご紹介するのは、炭火で焼く食べ方です。香ばしい香りが食欲をそそること間違いなしです!

~黒枝豆の炭火焼き~

gogonama_201016kuroedamame.jpg○材料

・黒枝豆...100g
・塩...適量

○作り方 

①黒枝豆を洗い、塩もみしたのち、もう一度水でさっと流す。

②炭火で10分~15分ほど焼く。
火からは少し離し、ひっくり返しながらじっくり焼くのがポイント!

③焼きあがったら、塩を適量まぶせば完成!!

 

家庭で行う場合は、トースターやオーブンでも調理可能。下にアルミホイルを敷き、弱火で焼いてください。

 

【中継でご紹介した「丹波の黒枝豆」の購入先】

丹波たぶち農場

住所:兵庫県丹波篠山市口阪本158

電話:090-8650-0415(黒枝豆について)

※黒枝豆はHPから購入可能です。(500g:810円/1000g:1512円)

※黒枝豆狩りも行っています。

                                                      

                   

ごごナマおいしい金曜日では、これからもおうち時間の楽しい過ごし方や、

とっておきの週末の過ごし方をたくさん紹介していきます!!

ごごナマホームページも見てくださいね!

お便りお待ちしておりまーす♪

ごごナマ

もっと見る