ごごナマ

2019年10月18日 (金)

時短で簡単!"みそまる"の作り方♪

10/18放送ごごナマ「おいしい金曜日」より

今回のテーマは「みそ汁の味が無限に広がる!“みそまる”の世界」

gogonama_191018misodama.jpg

肌寒くなり、あったかいみそ汁が食卓に並んでいると、ほっこりしますよね。

そこで今回のごごナマは、みそに出汁(だし)や具材を加えた“みそまる”という「みそ汁の素」の作り方をご紹介します!

お湯を注ぎ、かき混ぜるだけで手軽にみそ汁ができ、みそ・だし・具材・トッピングとさまざまな組み合わせをすることで、無限の味が楽しめるんです♪ 

食欲の秋ということで、秋の味覚も使った“みそまる”の作り方もお伝えしますよ!!

教えていただくのは、みそをPRする、みその伝道師として活動されている、藤本智子さんです。

 

“みそまる”のメリット

冷凍で、みそまるをストックすれば、わざわざお鍋でみそ汁を一から作らなくても、お椀にみそまるを入れ、お湯を注ぐだけで時短になりますし、あわただしい朝なんかでも、手軽においしいみそ汁が楽しめます。さらに、お弁当やギフトにも喜ばれること間違いなしです♪ 

みそは、栄養豊富で、免疫力を高めたり、疲労回復にも最適! 美肌や美白にもオススメなんだそうですよ。

 

さっそく、時短で簡単!

“みそまる”を作ってみましょう!

○作り方<共通>○

①みそ、だし、具材を混ぜ合わせて、直径3cmくらいの大きさに手で丸める。

②お好みであおさやナッツ 、カレー粉などをトッピング。

③湯を注いで混ぜれば、簡単みそ汁の出来上がり!

ラップで包んで、冷凍庫で1か月保存できます。

 

見た目もかわいい!みそまるアレンジレシピ♪

<まずはじめに、今回使用する“みそ”の特徴

■麦みそ・・・麦の香りが残るあっさり味のみそ

■米みそ・・・米の甘みが引き立つ米みそ

■豆みそ・・・甘さ控えめの豆みそ

             

~秋を感じる!ゆずと切り干し大根のみそまる~

gogonama_191018yuzumisomaru.jpg○材料(みそまる10個分)

●みそ→麦みそ...180g

●だし→だし(いりこ+昆布)...大さじ2

●具材→切り干し大根...10g、油あげ...1/2枚、乾燥わかめ...2g、乾燥ねぎ...2g、乾燥ゆず...1g

●トッピング→もみじ麩...10個

 

★ポイント★

だしは、できれば煮干しや削り節、昆布から作った粉末だしがいいです。なければ、市販の顆粒(かりゅう)だしでもOK。

具材は、乾燥した食材の方が長持ちします。

 

※素材の味を楽しむには、お湯を注いで飲んでいただくのがいいですが、いつもと違うみそ汁を楽しみたい方は、緑茶も合いますよ。

 


 ~彩りあざやか!トマトとチーズの洋風みそまる~

gogonama_191018.jpg○材料(みそまる10個分)

●みそ→米みそ...180g

●だし→だし(かつお+しいたけ)...大さじ2

●具材→乾燥トマト...10g、チーズ...50g、乾燥ピーマン...5g、乾燥マッシュルーム...4g

●トッピング→クルトン...30個

 

※お湯以外にも、トマトジュース入れてみても洋風なので、合いますよ。

 


 ~スポーツの秋に最適!ごま油香る中華風みそまる~

gogonama_191018tyuuka.jpg○材料(みそまる10個分)

●みそ→豆みそ...180g

●だし→だし(かつお+昆布)...大さじ2

●具材→桜えび...5g、板麩...7g、乾燥小松菜...5g、乾燥ねぎ...2g、ごま油...小さじ2

●トッピング→アーモンド...適量

               

        

つづいては、失敗しない!自家製みその作り方を教えていただきました!!

gogonama_191018zikasei.jpg押さえるべきポイントは3つです

①甘さは米こうじで調整。

②発酵をすすめるタネみそを入れる。

③表面にラップでカビ予防。

 

タネみそとは、生きた菌が入ったみそのことで、発酵が上手に進み、美味しくなりますよ。スーパーなどでは「生みそ」と書かれているものを入れてください。

みそはカビが生えやすいので、空気を抜きながらラップで密閉して、なるべく空気に触れないように保存しましょう!

 

<自家製みその作り方>

○材料(2200g前後)

・大豆...500g(※混ぜる前に水で煮てつぶす) ・米麹...700g ・自然塩...270g ・タネみそ(市販の生みそ)...適量

gogonama_191018zikaseizairyou.jpg○作り方

①大豆と米麹と塩(ふり塩用に少し残す)を混ぜる。

②発酵を促すため、酵母が生きているみそ、タネみそ(市販の生みそ)を入れる。

③材料を空気が入らないようしっかり混ぜ、容器に入れる。

④表面に振り塩をし、ラップをする。

⑤冷暗所で、半年熟成させれば出来上がり!!

 

最後に、いろんな料理にも役立つ!“みそまる”の使い方を教えていただきました! 

みそまるを作って、冷凍保存しておけば、いつでも使える万能調味料にもなるんです。

gogonama_191018ryouriyou.jpg

カレーや肉じゃがなどの煮込み料理に入れれば、コクがアップしますし、炊き込みご飯を作る際に、炊飯器に具材と一緒にみそまるをいくつか入れるだけでも、良い味付けになりますよ♪

<料理用みそまる>

○材料(10個分)

・みそ...180g ・粉かつお...大さじ3

○作り方

みそ、粉がつおを混ぜて手で丸めるだけ。(10個分作ってください)

 

今回は、料理用みそまるを使って、卵かけごはんを作りました!

gogonama_191018tamago.jpg○卵かけごはんの作り方

①コンロを使い、フォークでみそまるの表面を少しあぶってください。

②あぶったみそまるを卵かけごはんに乗せたら完成!!

 

かき混ぜるのもいいですが、みそを削るようにして、卵と一緒に食べるのがオススメですよ。しょうゆの代わりに、みそまるを使うと香ばしい香りを楽しめます♪

 

 

みそ汁のバラエティーが広がりましたでしょうか。ぜひ作ってみてくださいね。

ごごナマおいしい金曜日ではとっておきの週末の過ごし方をこれからもたくさん紹介していきます!!

ごごナマホームページも見てくださいね!

お便りお待ちしておりまーす♪

ごごナマ

もっと見る