ごごナマ

2019年09月13日 (金)

今夜は"中秋の名月"!お月見の魅力って?

9/13放送ごごナマ「おいしい金曜日」より

今回のテーマは「今夜は“中秋の名月”お月見を楽しもう!」

今日、9月13日は“中秋の名月”です。1年でもっとも月がきれいに見える日と言われています。

今回のごごナマは、そんなお月見の楽しさや魅力、さらには家庭で簡単に作れて、写真で映えるカラフルな月見団子の作り方をご紹介します!

今夜は、家族や友人と一緒にお月見を楽しんでみてはいかがでしょうか♪ 

お月見の楽しみ方を教えていただくのは、日本各地に残る風習や祭りについて研究を続けている方で“お月見のスペシャリスト”の井戸理恵子さん。月見団子の作り方を教えていただくのは、大阪・難波で白玉専門店を営んでいらっしゃる川合正哉さんと川合千佳さんです。

 

まずは、お月見のスペシャリストが教える!

知っているようで知らない!“お月見の楽しみ方”

ずばり、中秋の名月は、昔の人にとっては、

お月見シーズン到来を告げるオープニングパーティーだったそうです。

中秋の名月から冬にかけて、空気が澄んでいき、どんどん月がきれいに見えるようになります。昔の人は中秋の名月を皮切りに、約3か月間、日々美しくなる月を楽しんでいたそうです。 

 

月を愛でる日は中秋の名月の日だけではありません。

実は秋には、ほかにもお月見をする日があるんです。

・オープニングパーティー「中秋の名月 <旧暦8月15日の夜>(今夜)

・趣(おもむき)を感じる「栗名月 <旧暦9月13日の夜>(今年は10月11日)

・月見のフィナーレ「十日夜(とうかんや)<旧暦10月10日の夜>(今年は11月6日)

 

「栗名月」は、少し欠けた月を楽しむお月見です。満月だけではなく、月ならではの変わりゆく姿を楽しむ趣のある月見なんです。栗が採れる時期に行われる月見なので、「栗名月」と呼ばれているのだとか。

「十日夜(とうかんや)」は、秋の最後のお月見です。昔の農民は、畑の収穫が終わる頃で働かなくてよくなる時期で、打ち上げみたいな感じでお月見を楽しんでいたそうです。

 

そして、お月見は、見て楽しむだけではなく、ある目的があったのです。

<お月見の目的>

ご先祖を偲(しの)ぶ

五穀豊穣を願う

昔の人にとって、月は神秘的なもので、あの世とこの世をつなぐ窓のようなものと考えられていたのです。満月は窓が一番開いている時、あの世の人たちがこちらを見ているのではないかと。そこでお供えをし、故人を偲んできたのです。

また、中秋の名月の時期は、秋の農作物の収穫直前。台風などで被害にあわないように祈り、最後のお月見「十日夜」は、無事に収穫できた感謝を神様やご先祖様に伝える日でもあったそうです。

 

最後に「子供も楽しめるお月見の風習」についてご紹介!

幸せをもたらす、その名も「お月見どろぼう」という風習です。

お月見の日は、子供たちが各家を周り、お菓子など、お月見のお供え物をもらって帰る(盗んでいい)という風習があるそう。昔から子供が多くいる場所には、福が集まると言われていることからできた風習。今もその文化が残り、家の軒先にお菓子を置いたりする地域もあるそうですよ。

まるでハロウィンみたいですね♪

※お月見どろぼうは、十日夜(旧暦10月10日→今年は11月6日)あたりで行われます。

 

ここからは、お月見になくてはならない食べ物「お団子」の作り方をご紹介していきます!今回は白玉粉できる、簡単でおいしい「絶品お月見団子」を作りますよ♪

~白玉団子~

gogonama_190913siratama.jpg○材料(2人分)

白玉粉...200g ・水...160ml ・きな粉...15g ・砂糖...15g

○作り方○

白玉粉に水140mlを入れ混ぜる。

②固さを見ながら残りの水(20ml)を入れる。2センチほどに丸めて置いたとき、形が崩れないくらいが水の適量。

③沸騰したお湯で約7分ゆでる。

※多めのお湯、そして白玉を入れた後、再沸騰した時に、おたまで混ぜるとくっつきにくい。

④白玉が浮かんできてから、さらに3分ほどゆでたら取り出す。

⑤きな粉と砂糖15gずつを混ぜてお皿に敷く。その上にお湯をきった白玉をのせれば完成!!

 

子供も喜ぶ!3色カラフル白玉の作り方もご紹介!

gogonama_190913kara-siratama.jpg

※水を他の飲料に変えているだけで、上記白玉団子の作り方と同じ。

 以下ご紹介するミント白玉のみ、丸めて半日以上置くとよい。

<ミント白玉(材料)>

・白玉粉...100g ・水...60ml ・ミントリキュール...20ml ・チョコフレーク...適量(皿に敷くトッピング) ・チョコソース...適量(仕上げに白玉にかける)

<オレンジ白玉(材料)

・白玉粉...100g ・オレンジジュース...80ml

<コーヒー白玉(材料)>

・白玉粉...100g ・コーヒー...80ml ・シロップ...適量 ・チョコ...1/2片×5個(中に包む)

 

 

中継でご紹介した「大覚寺(観月の夕べ)」について

日程:令和元年9月13日(金)~15日(日) 

時間:午後5時~午後9時頃(午後8時30分受付終了)

電話:075-871-0071

場所:大覚寺大沢池一帯(お堂エリアは、五大堂のみお茶席として開放)

拝観料:大人500円 小中学生300円

 

今夜は、お団子を囲んで、家族や友人とお月見を楽しんでみてはいかがですか♪

ごごナマおいしい金曜日ではとっておきの週末の過ごし方をこれからもたくさん紹介していきます!!

ごごナマホームページも見てくださいね!

お便りお待ちしておりまーす♪

ごごナマ

もっと見る