ごごナマ

2019年07月05日 (金)

簡単♪ レンジ飯の作り方

7/5放送ごごナマ「おいしい金曜日」より

今回のテーマは「簡単レンジ飯で夏を乗り切ろう!」

 

暑い夏はキッチンでコンロの前に立つのが面倒に感じることはありませんか。そこで今回のごごナマはフライパンや鍋などは使わず、電子レンジのみで出来ちゃう!これからの夏にピッタリな時短で簡単なレンジ飯をご紹介します♪ しかも、耐熱ボウルや耐熱皿に材料を入れてチンするだけの料理ですので、さっそく今日の夕飯に作ってみてはいかがでしょうか。

簡単レンジ飯の作り方を教えていただくのは、料理コラムニストの山本ゆりさん。またレンジのお悩みを解決してくださるのは、家電総合エンジニアの本多宏行さんです。

 

電子レンジおすすめポイント

①簡単・・・火加減などの調整などが不要。

②早い・・・根菜やかたまり肉も数分で火が通る。

③楽チン・・・鍋やフライパンの汚れ落としや洗い物、片付けが少ないので楽。

④自由時間・・・火を使っているわけではないので、レンジで加熱している間は目が離せる。

⑤栄養やうま味が逃げない・・・ 電子レンジは水をあんまり使わず時短で調理するので、水溶性のビタミンなど栄養が逃げにくい。野菜の色やうま味も多く残ります。

 

                 

ここからは超簡単!ワンボウル(耐熱ボウル)料理レシピをご紹介!!

まずは、暑い季節に食べたくなる、夏の定番カレー <加熱時間:12分

~キーマカレー~

gogonama_190705kare-.jpg

○材料(2人分)

・ 豚ひき肉...150g ・たまねぎのみじん切り...1/2個分(50g) ・にんじんのみじん切り...1/3本分(50g) ・カレールウ(固形)...2片 ・水...160ml ・ケチャップ、ウスターソース...各大さじ1 ・チューブのおろしにんにく、おろししょうが...各1~2cm ・インスタントコーヒーの粉...少々(※あれば) ・温かいごはん...丼2杯分 ・ドライパセリ...適量(※あれば) 

○作り方○

①耐熱ボウルに豚ひき肉、たまねぎのみじん切り、にんじんのみじん切り、カレールウ、水、ケチャップ、ウスターソース、にんにく、しょうが、あればインスタントコーヒーの粉を入れて、ふんわりとラップをかけ、電子レンジ(600W)で12分加熱する。

②器にご飯を盛り、キーマカレーをかけ、パセリを散らせば完成!! 

失敗しないポイント①

ラップはふんわりかけましょう!

ラップをピンと張ると器の中の蒸気が膨張して爆発する恐れがあります。蒸気の逃げる隙間があくようにふんわりかけましょう。

失敗しないポイント②

材料の大きさや分量はレシピ通りに!

十分に加熱できなかったり、逆に火が通りすぎたりしてしまうのでレシピ通りにしましょう。

 

◆『キーマカレー』材料のおすすめ効果◆

・豚肉、たまねぎ→疲労回復  ・にんにく、しょうが→食欲増進

 


つづいては、栄養効果バツグンのピーマンを使ったサラダ <加熱時間:2分30秒

~ツナマヨピーマン~

gogonama_190707tunamayo.jpg

○材料(2人分)

・ピーマン...4個(120g) ・ツナ缶...1/2缶(35g) ・砂糖...小さじ1 ・塩...少々 ・しょうゆ...小さじ1/2 ・マヨネーズ...大さじ1 ・コーン...適量

○作り方○

①ピーマンを細切りにして耐熱ボウルに入れる。

②①にツナ缶の油をまわし入れ、さらに砂糖、塩を入れふんわりとラップをかけ、電子レンジ(600W)で2分30秒~3分加熱する。

③②に残りのツナとしょうゆ、マヨネーズ、コーンを加えてあえれば完成!!

 

◆『ツナマヨピーマン』材料のおすすめ効果◆

・ピーマン→疲労回復、免疫力アップ、美肌効果  

 


つづいては、彩り豊かなパプリカのマリネ <加熱時間:4分

~パプリカのマリネ~

gogonama_190705papurika.jpg

○材料(2人分)

・赤、黄パプリカ...各1/2個(各70g) ・砂糖...小さじ1 ・塩...小さじ1/4 ・レモン汁または酢、オリーブ油またはサラダ油...各大さじ1 ・こしょう...少々

○作り方○

①パプリカは種をとり、皮目を下にして耐熱皿に並べ、ふんわりとラップをかけ、電子レンジ(600W)で4分加熱する。

②冷水に取って皮をむき・食べやすく切り、砂糖、塩、レモン汁または酢、オリーブ油またはサラダ油、こしょうを混ぜ合わせてあえれば完成!!

 


ここからは、電子レンジOK耐熱皿を使ったレシピをご紹介!!

夏バテ解消におすすめの食材を使ったペペロンチーノ <加熱時間:9分

~夏が旬 なすと大葉のペペロンチーノ~

gogonama_190705peperon.jpg

○材料(1人分)

・スパゲッティ...100g ・ブロックベーコン...40g ・なす...1本(80g) ・にんにくのみじん切り...1/2片 ・水...260ml ・塩...小さじ1/3 ・かりゅうコンソメスープの素...小さじ1/2 ・たかの爪の小口切り...少々 ・オリーブ油...小さじ1 ・塩、大葉の細切り、黒あらびきこしょう...各適量

○作り方○

①ベーコンは7ミリ角の棒状に、なすは乱切りにする。

②耐熱容器にスパゲッティを半分に折って入れ、ベーコン、なすを乗せ、にんにくのみじん切り、水、塩、かりゅうコンソメスープの素、たかの爪の小口切り、オリーブ油を加える。

③ラップをかけずに電子レンジ(600W)で袋の表示時間に3分足して加熱する。

④加熱後オリーブ油を足してよく混ぜる。

⑤仕上げに塩で整え、大葉をのせ黒こしょうをふれば完成!!

 

◆『ペペロンチーノ』材料のおすすめ効果◆

・豚肉、なす→疲労回復 ・大葉→食欲増進、免疫力アップ、貧血防止

 


つづいては、短時間でできる!アクアパッツァ <加熱時間:4分>                 

~魚介のうま味たっぷり アクアパッツァ~

gogonama_190705akua.jpg

○材料(2人分)

・あさり...10粒(100g) ・にんにく...1片 ・プチトマト...4個 ・たらまたは鯛...2切れ(200g) ・塩、こしょう...各適量 ・白ワインまたは酒、水...各大さじ2 ・オリーブ油...大さじ1 ・粗びき黒こしょう、パセリのみじん切り...各少々(※あれば)

○作り方○

①あさりは砂抜きをする。にんにくは薄切りに、プチトマトは半分に切る。

②たらまたは鯛は塩、こしょうを少々ふる。

③耐熱容器に調理した、たらまたは鯛、あさり、にんにく、プチトマトを入れ、白ワインまたは酒、水、オリーブ油をかけ、ふんわりとラップをかけ、電子レンジ(600W)で4分加熱する。

④塩、こしょうで味を調え、あれば粗びき黒こしょう、パセリをふれば完成!!

 

◆『アクアパッツァ』材料のおすすめ効果◆

・あさり→疲労回復 ・トマト→紫外線予防 ・にんにく→食欲増進

 


最後は、ごはんがすすむ!豚キムチ豆腐 <加熱時間:8分>  

~豚キムチ豆腐~

gogonama_190705butakimuti.jpg

○材料(2人分)

・万能ねぎまたはにら...4本 ・豚バラうす切り肉...100g ・かりゅう鶏ガラスープの素、みそ...各小さじ2 ・ごま油...小さじ1 ・酒...大さじ1 ・もやし...1/2袋(100g) ・白菜キムチ...80g ・絹ごし豆腐...1/2丁(150g) ・白ごま...適量(※あれば)

○作り方○

①万能ねぎまたはにら、豚バラうす切り肉は食べやすい長さに切る。

②耐熱容器にかりゅう鶏ガラスープの素、みそ、ごま油、酒を入れて混ぜ、豚肉、もやし、万能ねぎまたはにら、キムチ、豆腐の順にのせる。

③水100mlを注ぎ、ふたをずらしてのせ、電子レンジ(600W)で8分加熱する。

④器に盛り、白ごまをふれば完成!!

 

 ここからは、電子レンジのお悩みを総合家電エンジニアが解決!!

“知って得する!失敗しない電子レンジ術 ”

①ムラがなく電子レンジで温めるには?

温めムラができるのは食品を置く位置が関係しているのだそう。中央から少しずらして外側に置くのが正しい位置です!

ターンテーブル式のレンジの場合は、電磁波を反射する外側が温まりやすいのです。それに反して真ん中に置くと温まりにくく、さらにすっと同じ位置で回転しないのでムラがおきやすくなります。また端に置きすぎても外側だけが強く温まりムラになることがあります。

※複数の食材を一度に加熱する場合...

なるべく大きさを均等にそろえて、真ん中を空けてドーナツ状に置きましょう!さらにできるだけ電磁波が多く当たるように食品の間隔を空けておくと熱の伝わりが早まります。

 

②冷凍ごはんを美味しく食べるには?

電子レンジで温める前に冷凍するごはんの形がポイントです。平たく丸いピザ型にしましょう!

厚みがあると真ん中に電磁波が届きにくくなるので平たくした方がいいそうです。また、レンジの電磁波は角に集まりやすいので角がない円形がよりムラなく温めることができるのです。

 

③ワット数は500W?600W?700W?

今までご紹介しました料理はすべて600Wで加熱しています。おウチのレンジは500Wしかない、700Wしかない!という方はどうすればいいのか?簡単に加熱時間がわかる計算式をご紹介。

例えば、600Wで10秒加熱したとすると、6000W秒という電力量になります。この電力量6000を使用する電子レンジのW数で割ると時間が出ます。例えば、500Wなら6000割る500で12秒。700Wなら6000割る700でおよそ8秒と加熱時間を計算することができるのです。

※ただし、実際は弱火と強火で火の入り方が違うように、ワット数が違うと熱の通り方が違ってくるので、あくまでも目安としてくださいね。

 

 

今回ご紹介しました電子レンジを使った簡単レンジ飯を食べて、夏を乗り切りましょう!!

ごごナマおいしい金曜日ではとっておきの週末の過ごし方をこれからもたくさん紹介していきます!!

ごごナマホームページも見てくださいね!

お便りお待ちしておりまーす♪

ごごナマ

もっと見る