ごごナマ

2019年05月17日 (金)

食べるだけ!飲むだけ!リフレッシュ方法♪

5/17放送ごごナマ「おいしい金曜日」より

今回のテーマは「初夏をたのしむ!おいしく食べてリフレッシュ

gogonama_190517onpare.jpg

みなさん、日頃の疲れはたまりすぎていませんか? まだまだ疲れていない!大丈夫!と思っていても、カラダや頭が疲れていることもあります。明日からのモチベーションにつなげる為にも、たまには思いっきりリフレッシュしてみてはいかがですか。 今回のごごナマは、”食べるだけでリフレッシュ!”五感を癒やしてくれる豪華アウトドア料理や”飲むだけでリフレッシュ!”簡単に作れちゃう健康ドリンクをご紹介します!!

簡単手作りドリンクの作り方を教えてくださるのは、フードコーディネーターで野菜ソムリエの資格をお持ちの松田弘子さん。アウトドア料理を教えてくださるのは、人気洋食店のオーナーシェフ・大宮勝雄さんです。

                                                                                                

まずは、簡単に作れるドリンクの作り方!  使う食材の栄養素とともにご紹介します。

暑くなってきて紫外線を浴び、お肌が気になる方におすすめ!

~お肌リフレッシュ!キウイ・アボカド・バナナの手もみジュース~

gogonama_190517kiui.jpg

○材料(1杯分)○

・キウイ...1/2個 ・アボカド...1/4個 ・バナナ...1/2本 ・豆乳(調整)...100ml

○作り方○

①キウイとバナナは皮をむき一口大に切る。アボカドは種と皮を取り一口大に切る。

②ポリ袋に①を入れて口を閉じ、手でやさしくもんでつぶす。

③②に豆乳を加えて、全体を混ぜるようにもむ。

④グラスに注げば完成!!

ミキサーを使わないので、材料が整っていれば外でも簡単に作れます。食物繊維や栄養素をとることができますよ♪

◆キウイ栄養素◆

ビタミンCを豊富に含み、紫外線で受けたダメージを回復、メラニン色素の生成を抑え、日焼け対策やシミ予防に効果があるとされています。

◆アボカド栄養素◆

抗酸化作用をもつビタミンEや皮膚の新陳代謝を活発にするビタミンB6が豊富です。天然の植物オイルがお肌の乾燥を防ぐ効果があるそうです。

◆バナナ栄養素◆

食物繊維が豊富で腸内環境を整え、体の中から美肌をサポートする役割があるそうです。 

さらに、豆乳もイソフラボンが豊富なので、美しい肌づくりに欠かせない食品ですね。

 

別の食材の組み合わせでは、、

■マンゴー×トマト 手もみジュース 

gogonama_190517mangotomato.jpg

○材料(1杯分)○

・マンゴー...1/4個(約50g) ・トマト...1/8個 ・飲むヨーグルト...100ml

○作り方○

①トマトは一口大に切る。(皮が気になる場合は取り除く)マンゴーは種と皮を除いて、一口大に切る。

②ポリ袋に①を入れて口を閉じ、手でやさしくもんでつぶす。

③②に飲むヨーグルトを加えて、全体を混ぜるようにもむ。

④グラスに注げば完成!!

βカロテンが豊富なマンゴーとリコピンが豊富なトマトもお肌のダメージ回復に良いとされています。

                                    

■イチゴ×ブルーベリー 手もみジュース

gogonama_190517itigo.jpg

○材料(1杯分)○

・いちご...4個(約70g) ・ブルーベリー...10粒 ・牛乳...100ml

○作り方○

①イチゴはヘタを取る。

②ポリ袋に①とブルーベリーを入れて口を閉じ、手でやさしくもんでつぶす。

③②に牛乳を加えて、全体を混ぜるようにもむ。

④グラスに注げば完成!!

※ビタミンCやポリフェノールがお肌に良い働きをしてくれるそうです。

   

つづいては、これから旬を迎える“ハーブ”を使ったこちらのドリンクです。

~心リフレッシュ!手作りハーブティー~

gogonama_190517ha-bu.jpg

○材料

・ミネラルウォーター...500ml ・紅茶のティーパック...1個 ・お好みのハーブ...5本程度

※ハーブは、スーパーで売っているものでOK(ミント・レモングラス・セージ・タイム・バジル・ローズマリー・カモミールなど)

○作り方○

①ミネラルウォーターのペットボトルにティーパック、ハーブを入れて冷蔵庫で一晩おけば完成!!

生ハーブはとにかく香りがよく、爽快感がたっぷりと楽しめます。ドライハーブより飲みやすくて、ハーブティーに慣れていない方にもおすすめです。料理で残ったハーブを有効活用できますよ。

甘いのがお好みであれば、ハチミツを入れるといいですよ~♪

                                                   

最後にご紹介するのは、ついつい食べすぎてしまった方におすすめのドリンクです。

~長芋とパイナップルのジュース~

gogonama_190517nagaimopain.jpg

○材料(2人分)○

・パイナップル...200g ・長芋...100g ・甘酒...大さじ2 ・バナナ...1/2本 ・青じそ...2枚 ・水...100ml

○作り方○

①長芋、パイナップル、バナナは皮をむいて一口大に切る。

② ミキサーに①、青じそ、甘酒を入れてなめらかになるまでかき回せば完成!!

さっぱりしていて飲みやすいので、夏バテなんかにもおすすめです。

◆パイナップル栄養素◆

パイナップルに含まれるプロテアーゼという酵素は、たんぱく質を分解する力が強いので、お肉と一緒に食べるのもおすすめです。

◆長いも栄養素◆

アミラーゼなどの消化酵素を多く含み、ネバネバの素のムチンは胃腸の粘膜を保護したり疲労回復を助ける役割をもちます。

◆甘酒栄養素◆

疲労回復や消化を助けるさまざまな酵素を多く含んでいます。

 

 

五感をリフレッシュ!バーベキュー料理のコツ

バーベキューのメインといえば「お肉」ですよね。ジューシーでやわらかくて、美味しく焼く方法をご紹介!さらに焼くだけで、身体の視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の五感も一緒にリフレッシュできちゃいますよ! これを押さえればあなたも上級者!肉の下味の付け方や焼き方をポイントごとにお伝えします♪

gogonama_190517sute-ki.jpg

★下味ポイント①「塩、こしょうはたっぷりと」                      

お肉の味を引き出すには、塩はたっぷりとふり、すり込むようになじませましょう。こしょうは粗びきの黒コショウを使い、塩と同様にたっぷりとふり、香りと辛みを加えます。

★下味ポイント②「マイタケの粉末を入れる」

マイタケの酵素でお肉がやわらかくなり、上品な風味もつきます。

ご家庭にマイタケ粉末がない場合は、刻んだマイタケをお肉にまぶして、最低15分ラップをかけておくだけでやわらかくておいしいお肉に変身しますよ。

 

つづいては、味の決め手!火の扱い方のポイントです。

gogonama_190517sute-kikansei.jpg

★焼き方ポイント①「焼きすぎというくらいに強火で焼く」

火が弱いと肉汁が出て、おいしさが逃げてしまいます。しっかりと焼き色がついたら裏返し、さらに側面も焼き、うま味を閉じこめましょう。ある程度焼けたらソースを塗っていきます。ソースを塗ることで肉がコーティングされ、香ばしさが増します。

○ソース作り方○ ~大宮シェフ特製BBQソース~

【材料(作りやすい分量)】

・マーマレード...90g  ・トマトケチャップ...60g  ・白ワインビネガー...60g ・ウスターソース...30g  ・砂糖...30g  ・ガーリックパウダー...6g  ・黒こしょう (粗びき)...6g ・クミンパウダー...3g  ・カイエンヌペッパー...3g

すべての材料を混ぜるだけで完成!!

                          

★焼き方ポイント②「お肉を休ませる」

お肉の表面に十分焼き目がついたところで、火から外し1~2分置きましょう。その後は肉にアルミホイルを軽く被せ、20分以上かけ、肉を休ませながら弱火でゆっくり火を通します。そうすることで中がジューシーに仕上がります。 肉汁と脂が出始め、軽く指で押してみて跳ね返すような弾力があればできあがりです。

                                                                   

◎ビールの祭典「オクトーバーフェスト」の情報はこちら!               

             

簡単で手軽に作れるリフレッシュ方法、ぜひ実践してみてはいかがでしょうか♪

ごごナマおいしい金曜日ではとっておきの週末の過ごし方をこれからもたくさん紹介していきます!!

ごごナマホームページも見てくださいね!

お便りお待ちしておりまーす♪

ごごナマ

もっと見る