ごごナマ

2019年05月10日 (金)

ヘルシー万葉グルメ♪

5/10放送ごごナマ「おいしい金曜日」より

今回のテーマは「新元号“令和”が身近になる!ヘルシー万葉グルメ」

 

新元号が「令和」となり、名前の出典となった万葉集が今話題になっていますね。そこで今回は、日本最古の歌集である万葉集に関わりのある、おウチで簡単に作れて、ヘルシーでおいしい万葉グルメをご紹介します

教えていただくのは、奈良のホテルで料理長を務める足立秀滋さんです。

 

まず初めに、1000年も前から使われていた“あるもの”2つご紹介します!!

それは、万葉集にも記載されている調味料です♪                                                            

「藻塩(もしお)」 「醤(ひしお)」

gogonama_190510mosiohisio.jpg

 

藻塩(もしお)とは、、

海水と海藻を煮詰めて作る塩のことで、ほんのりと甘みがあります。海藻のうま味を含んでいるので、だしを取らなくてもお湯に溶かすだけでお吸い物が作れるそうですよ♪ お湯140mlに対して、藻塩小さじ2分の1です。お好みでお酒を入れてみてもいいそうです。

◆藻塩のヘルシーポイント◆ 

ミネラルが豊富に含まれています。海藻と一緒に煮詰めることで、海藻の栄養が塩に溶け込むため、普通の塩よりもミネラルが豊富になるそう。

 

醤(ひしお)とは、、

食材を塩漬けした時にでる“もろみ”で、しょう油やみその原点と言われている古代の発酵調味料です。

◆醤のヘルシーポイント◆ 

酵母が働く発酵調味料なので、腸内環境を整える効果があるそう。

 

ご家庭で使うしょう油やみそも醤(ひしお)の一種ですが、スーパーやネットなどでは、さまざまな種類の醤(ひしお)が購入できるのです。

gogonama_190510hisio.jpg

 

                                  

ここからは、万葉集の時代の調味料「醤(ひしお)」を使った簡単でヘルシーな料理をご紹介します。

■醤(ひしお)の使い方① 『ぬるだけ ※食材を焼く前に醤を塗るだけで、一味違った料理を味わうことができますよ♪

~大豆醤じゃがバター~

gogonama_190510zyagabata.jpg

 切ったジャガイモに大豆の醤を塗り、バターをのせてオーブンで焼くだけ。

※醤は乳製品との相性がいいそうですよ!

 

~ウニ醤のチーズパン~

gogonama_190510unipan.jpg

 パンにウニの醤を塗り、チーズをのせてオーブンで焼くだけ。

 

醤(ひしお)の使い方② 『かけるだけ 最後の料理の仕上げに醤をかけることで、料理の幅がぐっと広がりますよ♪

~肉みそ鯛そうめん~

gogonama_190510souken.jpg

○肉みそ材料(4人分)○

・合挽きミンチ...200g ・おろししょうが...大さじ1 ・赤みそ...大さじ3 ・酒...50ml ・みりん...50ml

○肉みその作り方○ 

①鍋orフライパンにサラダ油を引き、合挽きミンチとしょうがを炒める。

②赤みそ・みりん・砂糖・酒を合わせ加え、なじむまで弱火で炒め、余分な油をキッチンペーパーでとれば完成!!

※そうめんに肉みそをのせて、鯛の醤をかければ、肉みそ鯛そうめんができあがります。 

 

 

■醤(ひしお)の使い方③ 『けるだけ  醤と酢の相性もよく、漬け込むだけでさらにおいしくなります。

~しょう油のお漬物~

gogonam_190510tukemono.jpg

○材料

・玄米酢 ・魚醤(各種)

○作り方○

①玄米酢と魚醤を3:1で割る。

②キュウリなどを漬け込んで2、3日おけば完成!!

 

 

◎中継でお伝えしました「バラ」についての情報はこちら!

      

本日ご紹介しました調味料「藻塩」と「醤」を使ったお料理ぜひ作ってみてくださいね♪

ごごナマおいしい金曜日ではとっておきの週末の過ごし方をこれからもたくさん紹介していきます!!

ごごナマホームページも見てくださいね!

お便りお待ちしておりまーす♪

 

ごごナマ

もっと見る