ごごナマ

2018年12月07日 (金)

まんぷくSP!桐谷健太さん

gogonama_181207kiritani_logo.jpg

12/7放送ごごナマ「おいしい金曜日」より

連続テレビ小説「まんぷく」のスペシャル企画です♪ 月に1回ドラマに出演中の方をゲストにお招きして、まんぷくの撮影現場の裏側や見どころ、ゲストの魅力に迫っていきます!!

 

ゲストは俳優・桐谷健太さんです♪

 

ドラマまんぷくは「インスタントラーメンを生み出した夫婦の知られざる物語」が描かれていきます。そこでドラマにもよく登場するラーメンにちなんで、こーんなトークテーマの質問にお答えしていただきました!!

gogonama_181207paneru.jpg

 

①ラーメン食べた仲やん!?

朝ドラ「まんぷく」の役どころは、商社の社長としてヒロインの夫・萬平の事業を支える世良勝夫を演じられています。「一緒にラーメン食べた」とアピールして、萬平との関係を取り持っていこうとする役です。世良さんは良い人なの?果たして悪い人なの?と今後の展開がどうなるのか見どころですね!

                                                

現場の″のり”!

実は桐谷さん、朝ドラは初のご出演。ドラマの撮影現場についてお伺いしました。出演者の皆さんとは仲が良くて、大阪で撮影しているので泊まることが多く、撮影終わりにごはんに行ったり、飲みに行かれたりするそうです♪ 飲みの席では、話を聞くために質問したり、話を回したりと聞き役にまわることが多いそうです! 

 

天六ソウルフード

「天六」というのは、桐谷さんの地元でもある大阪「天神橋筋六丁目」の略です。天六には、日本一長い直線のアーケード商店街が2.6km続いていて、一丁目から七丁目まであります。そんな下町感があふれる町で幼少期を過ごされた桐谷さんが愛した「イカ焼き」をスタジオにお持ちしましたー!!

gogonama_181207ikayaki.jpg

~イカ焼き~

両親が共働きだったので、帰りが遅くなってごはんを作るのに時間がかかるときは、料理が出来上がるまで、イカ焼きを買ってきてくれて食べていた思い出の味だそうです。

子供の頃に食べて以来で、一瞬泣きそうになったとうれしさがこみ上げていたそうです。

                                             

小さなことからコツコツと

桐谷さんが俳優を目指したのは、なんと5歳の頃からで、映画を見て、自分もこの中に入りたいという思いから目指したそうです。有名になるまでは挫折を数多く味わい、芝居のオーディションは100回以上落ちた経験もお持ちなんだとか。それでも心が折れなかったのは、物心ついたときから、俳優になりたいという思いが強くあったからだそう。

 

銭湯大好き!

よく友達と一緒に近所の銭湯に行かれていて、銭湯帰りに飲みに行くのが好きなんだそうです。銭湯にいるおじさん達とは顔見知りになるまでの仲なんだとか。

                                                 

きよし師匠から質問!「15年後はどんな俳優でいたいですか?」

15年後が頂上ではないので、毎日を味わい、感動し、楽しんでやっていけば今、想像する15年後より、もっとおもしろいところに行けているのではないかと思う。今想像する15年後がよりおもしろくなるように更新していきたい!とお話くださいました。

 

ごごナマ金曜2時台ではとっておきの週末の過ごし方をこれからもたくさん紹介していきます!!

ごごナマホームページも見てくださいね!

お便りお待ちしておりまーす♪

ごごナマと一緒にぜひ朝ドラ「まんぷく」の放送もチェックしてくださいね♪

ごごナマ

もっと見る