ごごナマ

2018年11月30日 (金)

箕面紅葉スポット&おウチで簡単!練り切りの作り方

11/30放送ごごナマ「おいしい金曜日」より

今回のテーマは「まだまだ楽しめる!もみじスペシャル」

 

紅葉の見頃もいよいよ大詰め!今回のごごナマは、紅葉の時期に観光に訪れる方も多い、大阪・箕面(みのお)市で紅葉の見頃を迎えるおすすめの絶景スポットを番組MCの西川きよし師匠と一緒に名所を巡ります。

また、スタジオでは見た目もかわいらしくて、おウチで簡単に作れちゃう!もみじの形をした和菓子が登場! 教えてくださったのは、練り切りアートマスター講師の藤本宏美さんです。

 

 

まずは、大阪北部に位置する箕面(みのお)の紅葉スポットです♪

箕面の絶景!紅葉スポット①

~勝尾寺~

gogonama_181130katuozi.jpg

 ★おすすめポイント★

山門をくぐると、約8万坪の境内を赤・黄・緑のもみじが彩ります。また深い緑の山がバックにあるので、まるで一枚の絵画のような風景が楽しめ、この時期にしか見られない光景が広がります。

<ライトアップ情報>

日時:12/1(土)、2(日)  時間:日没~19:30まで

※勝尾寺HPではライトアップは「30日まで」となっていますが、紅葉の状況からあさって(2日)まで開催する予定です。

幻想的な世界を体感してみてください♪

 

 

また、もう一つ紅葉を楽しめる場所があります。それが、もみじのトンネルです!

gogonama_181130tonnneru.jpg

本堂や二階堂へ向かう参道を覆う十数種類のもみじがアーチを作ります。毎年もみじのトンネルを楽しみにする方が多い人気の高い紅葉スポットです。写真をついつい撮りたくなるような景色が目の前に広がります。

 

【番組で紹介した「勝尾寺」】

住所:〒562-8508 大阪府箕面市粟生間谷2914−1

TEL:072-721-7010

箕面の絶景!紅葉スポット②

~箕面大滝~

gogonama_181130minootaki.jpg

★おすすめポイント★

日本の滝百選にも選ばれており、幅5m、落差33mもあり、岸壁から水が一気に流れ落ちる様子はとてもダイナミックで迫力満点の滝です。そんな大迫力の大滝ともみじのコントラストは、まさに絶景で、今の時期しか見ることができない紅葉スポットです。   

 

 


ここからは、おウチで簡単に作れちゃう!「もみじの練り切り」の作り方です!

そもそも、練り切りとは...

あんこに餅や芋を練り込んだ和菓子のことです。お茶席では「季節の風情を映し出す和菓子」として出されるものです。

~オリジナル!もみじの練り切り~

gogonama_181130momizi.jpg

○材料(5個分)○

・白あん…150g ・白玉粉…4g ・グラニュー糖または上白糖…5g ・水…12g

 

<練り切りあんを作る>

①ボウルに白あんを入れ、キッチンペーパーを貼り付け、600ワットのレンジで1分間加熱する。

※ラップは不要!

※ボンボンという音が鳴りだしたら、焦げる可能性があるので、途中でも電子レンジを開けてください。

②ゴムベラで湯気が落ち着くまでよく混ぜる。

※底の方からもヘラを入れて、しっかり混ぜる。混ぜ方が不足すると、あんこの一部が硬くなる場合がある。

③キッチンペーパーをのせて、さらに電子レンジで1分加熱し、水分を飛ばす。

④②のように再度よく混ぜ、指の腹で触ってみて、水分の多いあんこがつかなければOK。

電子レンジはご使用のレンジによってワット数や加熱時間を調節してください。

 

 

<ぎゅうひを作る>

①白玉粉・砂糖・水を小さな容器に入れて混ぜる。

※容器が大きすぎると混ぜにくいので、大きすぎないものを選んでください。

②600ワットの電子レンジで30秒加熱する。

※ラップは不要

③木のスプーンやミニヘラでよく混ぜる。つやと透明感、コシがでればできあがり!!

 

<白あんとぎゅうひを混ぜる>

①できあがったぎゅうひを全量入れる。白あんのボウルに入れて、ヘラでなじませる。

②なじんだら、オーブンシートに取り出して練る。

③小さくちぎって冷まし、冷めたら全てまとめる。

④②と③を2~3回繰り返したら完成!

出来上がった練り切りあんは、ラップで包んで乾燥を防ぐ。

 

<練り切りあんに色をつける>

おすすめは天然着色料。少量を水で溶いて練り切りあんにつけ、折りたたむように色をなじませていく。

スタジオではオレンジ・赤・黄色・茶色を用意しました。

 

<中身のあんを作る>

白あんやこしあん(お好みで)に旬の食材を入れてお好みの味にしてください。

 

<もみじの形を作る>

①色をつけた練り切りあんを2色選び、梅干しほどの大きさに丸める。(※およそ12g)

②手のひらで平につぶし、少しずらして重ね合わせ、境目を指でぼかす。

gogonama_181130bokasi.jpg

③中身のあんは10〜15gほどの大きさに丸め、②で包んで丸める(慣れるまでは中あんは小さめに)

gogonama_181130tutumi.jpg

④少しつぶして、台形の形を作る。

⑤ゴムベラなどを使い、3か所切れ目を入れる。

gogonama_181130kireme.jpg

⑥それぞれを親指と人さし指でつまみ、葉の形を作る。

gogonama_181130iki.jpg

⑦ゴムベラなどで葉のギザギザをつける。

gogonama_181130gizagiza.jpg

⑧竹串で葉っぱの線を描いたらできあがり!!

gogonama_181130sen.jpg

 

 

まだ楽しめる秋!週末は紅葉を見に足を運んでみてはいかがですか♪

ごごナマ金曜2時台ではとっておきの週末の過ごし方をこれからもたくさん紹介していきます!

ごごナマホームページも見てくださいね!

お便りお待ちしておりまーす♪

ごごナマ

もっと見る