えりの気象日記

2021年03月11日 (木)

桜は最も早い開花に? 12日は傘の出番

こちらは大阪の桜の標本木です。きのう10日、きょう11日と気温が上がり、暖かかったこともあって、成長しているように見えました。先のほうが黄緑色になっています。

eri2021031101.jpgきょうは日本気象協会から、新たな桜の開花予想が発表されました。前回1週間前の予想に比べて、開花は早まると見込まれています。京都、和歌山が3月17日で、来週の水曜日の予想です。

eri2021031102.jpg

きょうは広島で、全国で最も早く桜の開花の発表がありました。3月11日の開花は、広島で過去最も早い記録です。近畿各地の過去の開花日のうち、最も早かった日がこちらです。日本気象協会の予想では、大阪、京都、奈良は、ことし、過去の記録を塗り替える早い開花になると予想されています。ちなみに私の予想では、大阪は3月18日です。さぁ、どうなるでしょう!

eri2021031103.jpgきょう晴れをもたらした高気圧は東に離れ、あす12日は次第に前線を伴った低気圧が近づいてきます。このため天気が崩れる見込みです。

eri2021031104.jpg昼すぎには各地で雨となり、午後は断続的に降るでしょう。あす朝の通勤や通学の際、雨が降っていなくても、傘を持っておでかけください。

eri2021031105.jpg

※予報は11日午後7時現在のものです


parts21004.jpg

気象予報士 坂下 恵理(さかした えり)
 


ニュースほっと関西 ホームページ

関西 NEWS WEB

 

 

えりの気象日記

もっと見る

ほっと関西ブログ

もっと見る

ニュースほっと関西 特集・リポート

もっと見る

関西 NEWS WEB

もっと見る