えりの気象日記

2020年07月06日 (月)

和歌山中心に大雨 災害に警戒を!

和歌山県を中心に大雨となっています。この72時間に降った雨の量は、和歌山県の護摩壇山では、500ミリを超え、観測史上最も多い量となっています。そのほかも、400ミリ前後の雨の降っているところがあります。

eri2020070601.jpg

これまでの雨で地盤が緩み、土砂災害の危険度も高くなっています。奈良県の野迫川村と十津川村の一部で、極めて危険となっています。そのほかでも警戒レベルのところがあります。

eri2020070602.jpg

あす7日朝にかけて広い範囲で雨が降り、局地的には激しく降るでしょう。

eri2020070603.jpg

日中は近畿北部や中部では雨は弱まり、小康状態となりそうですが、和歌山県には雨雲がかかり続ける見込みです。雨の降る量がさらに多くなりそうです。

eri2020070604.jpg

雨の量は、あす夕方にかけて和歌山県や奈良県の南部では180ミリと予想されています。雨はあさって8日にかけて降り続きます。土砂災害や河川の増水や氾濫に警戒し、自治体からの情報に注意して、安全を確保するようにしてください。

eri2020070605.jpg

※予報は6日午後7時現在のものです



parts21004.jpg

気象予報士 坂下 恵理(さかした えり)
 


ニュースほっと関西 ホームページ

関西 NEWS WEB

 

 

えりの気象日記

もっと見る

ほっと関西ブログ

もっと見る

ニュースほっと関西 特集・リポート

もっと見る

関西 NEWS WEB

もっと見る