えりの気象日記

2019年10月11日 (金)

台風19号 大荒れの天気

台風19号は、あす12日昼すぎから夕方にかけて、近畿地方に最も近づく見込みです。台風が近づくとともに風が強まっていますが、あすにかけて暴風が吹き荒れる見込みです。瞬間的には35m/sから45m/sの突風が吹くおそれがあります。近畿地方は去年、台風21号による暴風の被害を大きく受けました。そのときに匹敵するくらいの風が吹くおそれもあります。暴風に厳重に警戒し、風が強い日中の時間帯は外出は控えるようにしてください。

eri2019101101.jpg

この時間の雨の様子です。台風周辺の雨雲が近畿地方にまもなくかかる見込みです。近畿南部から雨となり、あすは近畿地方全域へと広がる見込みです。局地的には非常に激しい雨の降るおそれがあります。

eri2019101102.jpg

特に、台風が近づくまでは近畿南部を中心に雨が強まりますが、台風が遠ざかったあとは、近畿北部や中部で雨が降り続き、大雨のおそれがあります。

eri2019101103.jpg

その理由は風向きです。台風が遠ざかったあと、近畿地方は台風の吹き返しによる、北よりの風によって、日本海から湿った空気が流れ込み続けそうです。台風が通り過ぎたあとも、大雨には警戒が必要です。

eri2019101104.jpg

警戒の時間帯です。台風の最接近は、あすの昼すぎから夕方にかけてです。近畿中部や南部では午前中から大雨に警戒が必要になります。また、北部や中部ではあさって13日にかけて、警戒時間が長くなりそうです。いつもとちがう様子を感じ取ったら、早めに避難するようにしてください。

eri2019101105.jpg

※予報は11日午後7時現在のものです



parts21004.jpg

気象予報士 坂下 恵理(さかした えり)
 


ニュースほっと関西 ホームページ

関西 NEWS WEB

 

 

えりの気象日記

もっと見る

ほっと関西ブログ

もっと見る

ニュースほっと関西 特集・リポート

もっと見る

関西 NEWS WEB

もっと見る