えりの気象日記

2019年08月22日 (木)

激しい雨のおそれも 雨の強まりに注意

日本海には発達した雨雲が帯状に伸びています。近畿地方にはまだかかっていませんが、あす23日にかけて南下するため、近畿地方は広く雨が降るでしょう。

eri2019082201.jpg

早ければ22日夜のうちに降りだし、日付が変わったあとは各地で雨となりそうです。局地的には激しい雨の降るおそれがあります。雨の強まりにご注意ください。雨はほぼ一日中、降り続く見込みです。

eri2019082202.jpg

きょう22日も厳しい暑さとなりましたが、あす23日は雨のため、前日ほど気温が上がらないでしょう。奈良や京都のあすの最高気温は前日よりも5度くらい低い予想で、各地とも上がっても30度くらいでしょう。

eri2019082203.jpg

ただ、夜の寝苦しさは週末にかけて続きます。大阪は8月に入ってからきょうにかけて、最低気温が25度を下回った日はありませんでした。あすや土日の朝も25度以下にはならない見込みですが、週明け26日月曜日の予想最低気温は23度。8月で初めて最低気温が25度を下回りそうです。

eri2019082204.jpg

理由は、前線の通過にあります。前線は、暖気と冷気の境目にできます。前線の北側は比較的涼しい空気に覆われています。前線が通過したあと、25日日曜日ごろからゆっくりと、涼しい空気が近畿地方に流れ込んでくる見込みです。一時的ですが、寝苦しさから解放される日も近そうです。

eri2019082205.jpg

※予報は22日午後7時現在のものです


parts21004.jpg

気象予報士 坂下 恵理(さかした えり)
 


ニュースほっと関西 ホームページ

関西 NEWS WEB

 

 

えりの気象日記

もっと見る

ほっと関西ブログ

もっと見る

ニュースほっと関西 特集・リポート

もっと見る

関西 NEWS WEB

もっと見る