えりの気象日記

2019年07月03日 (水)

4日にかけて大雨のおそれ

すでに近畿地方の広い範囲で雨が降っていますが、3日夜からあす4日にかけて、近畿地方では活発な雨雲がかかり、非常に激しい雨の降るおそれがあります。降水量が多くなり、大雨のおそれがあります。

eri2019070301.jpg

あす朝の通勤や通学の時間帯にも、活発な雨雲がかかるところがありそうです。交通への影響が出るおそれもあります。最新の気象情報や交通情報などにご注意ください。

eri2019070302.jpg

あす夕方までに降る雨の量は多いところで、近畿中部や南部で200ミリ、北部で60ミリなどと予想されています。土砂災害や河川の増水、低地の浸水に警戒してください。

eri2019070303.jpg

土砂災害の前兆現象には、以下のようなものがあります。地面に亀裂が入ったり、濁った水が流れ出したり、小石が転がり落ちてきたり、ゴーッという異常な音がしたりします。何か異変を感じたら、早めに避難するようにしてください。

eri2019070304.jpg

NHKの「ニュース・防災アプリ」もご活用ください。表示している画面は、現在の雨雲の様子を示していますが、左下の「表示切替」を押すと、土砂災害危険度マップや河川情報などを見ることができます。河川情報は大きな川だけでなく、中小の河川についても見ることができ、お近くの川の様子を河川カメラの映像で知ることもできます。情報に気をつけ、身を守ることを第一に行動しましょう。

eri2019070305.jpg

※予報は3日午後7時現在のものです


parts21004.jpg

気象予報士 坂下 恵理(さかした えり)
 


ニュースほっと関西 ホームページ

関西 NEWS WEB

 

 

えりの気象日記

もっと見る

ほっと関西ブログ

もっと見る

ニュースほっと関西 特集・リポート

もっと見る

関西 NEWS WEB

もっと見る