えりの気象日記

2019年06月12日 (水)

晴れて洗濯日和になりそう

あす13日は一日晴れるところが多いでしょう。朝から青空が広がり、日中は強い日ざしが照りつけるでしょう。和歌山や潮岬は午後は多少、雲がでますが、天気の大きな崩れはない見込みです。あすは安心して洗濯物を外に干せそうです。

eri2019061201.jpg

あすは朝は涼しいのですが、日中は暑くなりそうです。朝は各地20度以下となりますが、日中はぐんと気温が上がり、30度以上となるところもあるでしょう。京都、奈良、大阪は1週間ぶりの真夏日となりそうです。

eri2019061202.jpg

ただ、あさって14日は天気が崩れそうです。日本の南の海上に伸びる梅雨前線が北上してくるでしょう。前線上には低気圧が発生する見込みです。前線や低気圧の影響を受けて、あさっては午後には雨が降り、15日土曜日にかけて続きそうです。

eri2019061203.jpg

雨が似合う花、アジサイ。大阪では今月7日に気象台から開花の発表がありました。写真でびっしりと咲き誇っているように見えるのは「装飾花」と呼ばれるもの。開花したのは、この「装飾花」に隠されるようにしてある花ですが、わかるでしょうか。

eri2019061204.jpg

それがこちら、「真の花」と呼ばれる花です。ぱっと見てすぐには気づかず、私も「装飾花」をかき分けて、ようやくこの写真を撮りました。最近よく見かけるアジサイ。「真の花」が咲いているかどうかも見てくださいね。

eri2019061205.jpg

ちなみにアジサイは「あづさい」という言葉が変化して、アジサイになったといわれています。「あづ」は小さいものが集まるという意味。また、「さい」は藍色の花という意味の、真藍(さあい)が短くなったもので、藍色の花が集まるということで、あづさい→あじさいになったんだそうですよ。

eri2019061206.jpg

※予報は12日午後7時現在のものです


parts21004.jpg

気象予報士 坂下 恵理(さかした えり)
 


ニュースほっと関西 ホームページ

関西 NEWS WEB

 

 

えりの気象日記

もっと見る

ほっと関西ブログ

もっと見る

ニュースほっと関西 特集・リポート

もっと見る

関西 NEWS WEB

もっと見る