えりの気象日記

2019年06月07日 (金)

8日の午前は近畿北部は雨 午後からは回復へ

きょう7日は近畿各地で広く雨が降り、雨のピークとなった昼ごろには、和歌山県の護摩壇山で50ミリ以上の非常に激しい雨が降りました。また、降り始めからの雨の量が、和歌山県では100ミリを超えたところがありました。今夜このあとも和歌山県では雨が降りやすいでしょう。

eri2019060701.jpg

また、日付が変わったあと、あす8日の午前中は近畿北部を中心に雨が降る見込みです。おでかけを予定されている方は傘があったほうがよさそうです。午後には雨はやんで、天気は次第に回復する見込みです。

eri2019060702.jpg

きょうは前線を伴った低気圧が本州へと近づき、東日本から西日本の広い範囲で大雨が降りました。関東甲信、東海、北陸、東北南部で、梅雨入りの発表がありました。近畿地方を含む西日本はありませんでした。

eri2019060703.jpg

向こう1週間の予報です。仙台、新潟、東京は、来週、雨の日がありそうです。一方で、大阪や福岡はありません。このあたりが梅雨入りかどうかの分かれ目となったようです。

eri2019060704.jpg

左はあすの予想天気図、右はあさって9日の予想天気図です。梅雨前線は日本の南の海上にあります。近畿地方は前線から離れているため、影響を受けにくいでしょう。あすの午後からあさってにかけて雲が広がりやすいものの、晴れ間はありそうです。

eri2019060705.jpg

※予報は7日午後7時現在のものです


parts21004.jpg

気象予報士 坂下 恵理(さかした えり)
 


ニュースほっと関西 ホームページ

関西 NEWS WEB

 

 

えりの気象日記

もっと見る

ほっと関西ブログ

もっと見る

ニュースほっと関西 特集・リポート

もっと見る

関西 NEWS WEB

もっと見る