えりの気象日記

2019年02月15日 (金)

土日は冬の寒さ 来週は春の暖かさ

上空に流れ込んでいる寒気は、17日日曜日にかけて居座る見込みです。冬の寒さが続くでしょう。

eri2019021501.jpg

16日土曜日と17日日曜日は、気温が上がっても10度くらいの見込みです。一転して、来週は日に日に気温が上がるようになります。20日水曜日は15度の予想で、3月下旬並みの暖かさとなりそうです。

eri2019021502.jpg

これは空気が入れ替わるためです。寒気が北上し、南からは暖かい空気が流れ込んでくるでしょう。この暖かい空気に来週はしばらく覆われる見込みです。来週は暖かくなりますが、そのぶん、花粉が多く飛ぶところがでてきます。今週は何度もお伝えしていますが、きょうもこのひと言。対策は早いうちからとりましょう!

eri2019021503.jpg

近畿中部や南部では、あす16日の明け方にかけて雨が降ることがありそうです。雨雲が近畿地方を通過する日中は天気が回復し、晴れ間の見られるところもあるでしょう。

eri2019021504.jpg

一方、近畿北部では、あすからあさって17日の明け方にかけて、雨や雪の降りやすい状態が続く見込みです。ぐずついた天気となりそうです。あさっての日中になると、雨や雪は収まり、18日月曜日には北部も含めて晴れ間が見られそうです。

eri2019021505.jpg

※予報は15日午後7時現在のものです



sakashita_2.jpg

気象予報士 坂下 恵理(さかした えり)
 


banner_link_8_3.jpg
ニュースほっと関西 ホームページ

関西 NEWS WEB

 

 

えりの気象日記

もっと見る

ほっと関西ブログ

もっと見る

ニュースほっと関西 特集・リポート

もっと見る

関西 NEWS WEB

もっと見る