えぇトコ

2020年01月15日 (水)

奇魚珍味!驚異の入り江に舌鼓 ~京都・舞鶴~

eetoko_190115_2S.jpg

今回は京都・舞鶴が旅の舞台。自然が作り上げた舞鶴の美しい海岸線には、見たことも食べたこともないウマイもんがいっぱい!あなたの知らない奇妙な世界が広がります。魚にビックリ、味にニッコリ。入り江に受け継がれる感動の旅のはじまりです♪

旅人:金子貴俊さん & 山村紅葉さん

                                        

旅した場所♪

eetoko_190115tizu.jpg                  

 

①ヌタウナギ・サゴシの干物

eetoko_190115unagisagoshi.jpg

広々とした砂浜に漁船が並ぶ野原(という集落。1階が船のガレージになっている舟屋が今も残ります。

そんな野原で出会った村上さんは、ヌタウナギという生き物をとる漁師さん。その姿を、ぜひ見てみたいという旅人を、漁に連れていってくれました。その正体はまさに奇妙!見た目は肌色のウナギのようですが、一番の特徴は驚いた時に出すネバネバの粘膜。敵から身を守るためなんだそうです。しかし見た目とは裏腹、実はおとなり韓国では大人気の食材だと言います。さっそく、とったばかりのヌタウナギを網焼きにしてくれました。さらにごちそうしてくれたのが、これも野原の自慢、サワラの幼魚であるサゴシの干物。とれたての新鮮なものをすぐに調理することで抜群のおいしさになると言います。味わい深い入り江の暮らしには、体にしみいる宝の味がありました。

                                                                       

②カワハギ

eetoko_190115kawahagi.jpg

続いてやってきたのは、小橋(おばせ)という小さな里。そこで出会ったのは、カワハギをとる漁師の安井さん。

なんと多い日は1000匹以上もとるという名人です。とったカワハギを、安井さんの師匠である本田さんがおいしく調理してくれました。すり鉢ですったカワハギの肝を、刺身につけていただくのが、本田さんとっておきの食べ方だそうです。さらに寒いこの時期にもってこいのカワハギ鍋や、地元では「くじ」と呼ぶアカアマダイの刺身まで!おいしさにあふれる小橋の海を堪能しました。

   

③落花生

eetoko_190115rakkasei.jpg

由良川の河口近くにある、()(ごう)という集落。実はここ、知る人ぞ知る落花生の名産地です。

海に近い油江は、水はけがいい砂地と、ミネラルをたっぷりと含んだ潮風のおかげで、格別においしい落花生ができると言います。唐箕とうみという昔ながらの農器具で、落花生についているごみを落とし、落花生と同じ量の塩で煎(い)ります。煎りあがった落花生は、コクがありクセになるおいしさ!さらに落花生を砂糖と塩で煮込んだ郷土のおかず「落花生の炊いたん」をいただきました。舞鶴の海辺の畑が生む、珠玉の宝物です。

                                        

④赤れんがパーク・タピオカプリン

eetoko_190115tapiokapurin.jpg

明治・大正期に建てられ、海軍の倉庫として使われていた舞鶴の赤れんが倉庫。舞鶴には当時のトンネルなど、頑丈なレンガづくりの建造物が、今でも120以上残ります。

そんなレンガづくりの建物の中で、「タピオカプリン」をいただきました。今や若者に大人気のタピオカですが、なんと、すでに明治時代には食べられていたと言います!軍隊では、米の代わりとして食べられており、当時からとびきりの珍味だったそうです。歴史が残る舞鶴の名所で、驚きの歴史に出会いました。

【番組で紹介した「赤れんがパーク」】

住所:〒625-0080 京都府舞鶴市字北吸1039-2

電話:0773-66-1096

開館時間:9:00~17:00  休館日:12/29~1/1

番組で紹介した「タピオカプリン」が食べられるお店

5号棟カフェ

営業時間:11:00~15:00

定休日:毎週火・水曜日

 

(きょう)(さわら)・コッペガニ

eetoko_190115koppegani.jpg

旅の最後にやってきたのは舞鶴湾の中心にある、舞鶴漁港。この時期は冬の王様「舞鶴かに」でにぎわいます。

しかし、ここで出会った魚屋の湯沢さんは、舞鶴かにに負けない旬の自慢の味を紹介してくれました。それは、たっぷりと脂がのった「京鰆」。西京焼きにしてふるまってくれました。さらに、前日に仕入れたという舞鶴の冬の珍味、ズワイガニのメス「コッペガニ」も!地元では大人気の冬の美味です。コッペガニでしか味わえない、内子(うちこ)(卵巣)と外子(そとこ)(卵)は、まさに、極上の味わい!むしゃぶりつくと口の中に驚きが広がります。舞鶴、冬の入り江はたくさんのおいしさであふれていました。

【番組で紹介したお店】

魚源(ととげん) 西舞鶴店

住所:〒624-0841 京都府舞鶴市引土263-18

電話:0773-77-5534

営業時間:11:00~14:00 (料理L.O. 14:00 ドリンクL.O. 14:00)、17:00~23:00(料理L.O. 22:00 ドリンクL.O. 22:30)

定休日:毎週木曜日・12/30まで営業・年始は1/3から営業

※コッペガニの料理提供は年末で終了しております。

                                                                                     

「えぇトコ」番組ホームページはちら

次回の放送もお楽しみに!

えぇトコ

もっと見る